【青汁はどれがいいの?】青汁×グルコV

 

どうも、近ごろ健康オタクのタケシです!

どれがいいの?青汁シリーズ・・・ほんとに色々あって悩みますよね^^

自分にあうのはどの商品?

自分も目的は?

それぞれの利用法があると思います。そんなあなたへ・・・いろいろな青汁を紹介していきますね。

自分にあうものに出会ってチョイスして頂けたらうれしいです♪

今回は青汁×グルコVの説明をしていきますね!

 

 

大麦若葉の栄養と4つの軟骨成分の働きで、キビキビ、シャキシャキとした行動をサポート。

「飲みやすさ、続けやすさ」にもこだわり、風味豊かなドリンクタイプに仕上げました。
毎日おいしく飲んでアクティブな日々を!

 

無限の可能性!

 

大麦は、ビールや麦茶の原料となるイネ科の植物として知られていますが、
その穂よりも若葉の方に神秘的とも言える様々な有用成分や栄養素が含まれているのでがご存知でしたか?

その中でも、私たちのからだを常にフレッシュな状態に保つ
SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)やペルオキシダーゼなどの酵素活性は、
他の緑色野菜に比べてはるかに高く、全体で数千種類とも言われる酵素の解明を目指して
今も研究が続けられているようです。

 

大麦若葉の力は?

 

大麦若葉は豊富なビタミン、ミネラルをはじめ、抗酸化フラボノイドやクロロフィルなど、
多くの有用成分を含んでいますが、一般の食材として浸透しなかった原因はイネ科の植物に共通する
非常に硬い繊維質にあったようです・・・あの固い繊維質なんですよ!

大麦若葉の栄養素や有用成分は、私たち人間が消化吸収することのできない
硬い繊維質の中に存在してるなんて・・・思いもしませんでしたよね!

若葉自体もそのままではとても食べられるものではありません。
この類い稀な健康パワーを生かすためには青汁として搾り出し、繊維質を取り除くことが必要だったそうです。

ギュッと搾った青汁にすることによって、大麦若葉のビタミン、ミネラルはもちろん、
抗酸化フラボノイドをはじめとする有用成分が、私たちのからだに消化吸収されるようになったんですって!

素晴らしい発想ですよね♪

 

大麦若葉

 

有機栽培でスクスクと育った大麦若葉には、現代人の食生活に不足しがちな食物繊維やカルシウム、

またビタミンB群をはじめとするビタミン、鉄など毎日摂りたい様々な栄養素が含まれているんですよ!

 

グルコサミン

 

「青汁×グルコV」に配合しているN-アセチルグルコサミンは、

もともと体内に存在するグルコサミンと同タイプのものなので、

私たちの体に「なじみ」が良く、一般的なグルコサミンに比べ3倍の働きがあるんですよ。

 

軟膏成分配合(プロテオグリカン)

 

産卵のために川を遡上する鮭は、急流や岩の衝撃にも負けないほど丈夫な鼻軟骨を持っているそうです。

その鮭の鼻軟骨から抽出されるプロテオグリカンは、
衝撃を受けても元に戻る強いクッション力を備えているんですって!

軟骨成分をスポンジに例えると、コンドロイチンやヒアルロン酸、
コラーゲンがスポンジの一部であるのに対し、プロテオグリカンはスポンジそのものというイメージですよ。

 

クッション性にこだわって鶏由来のⅡ型コラーゲン配合

 

軟骨のクッション性を保つためには、弾力性に優れたⅡ型コラーゲンが良いといわれています。

Ⅱ型コラーゲンはふかひれ、手羽先、豚足などに含まれていますが、

「青汁×グルコV」では、鶏軟骨からの抽出物を原料としたⅡ型コラーゲンを配合しています。

 

ヒアルロン酸で肌状態を改善

 

青汁×グルコVは、ヒアルロン酸を配合していることによって、

水分を保湿できる力をもたらして、肌の状態を改善できます。

 

コラーゲンで美肌を手に入れる

 

コラーゲンが配合されており、肌の質を改善してくれる効果を持っています。

美しい肌を手に入れるために効果を発揮します。

 

まとめ

 

青汁×グルコVは、美容や健康に関わる成分を多く手に入れることができて、
特に軟骨成分を多く取ることのできる青汁
です。

美容効果を与えてくれるヒアルロン酸やコラーゲンを始め、
軟骨成分として活躍してくれるプロテオグリカンが配合されているので、
膝の痛みを解消してくれたり、肌の状態が回復する効果を持っています。

ビタミンやミネラル、更には鉄分も多く配合されており、普通の青汁としても高い効果を持っています。

色々な栄養分を補うことで、健康的で快適な毎日を送ることができる青汁となっています。

 

青汁×グルコVの購入はコチラから♪

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA