肝心要の健康習慣。アミノ酸オルニチンを多く含むサプリメント【レバリズム-L】

肝璧なまでのこだわり 国産「しじみ×牡蠣×スクワレン」
サプリレバリズム-Lの秘密は素材探しに2年、調合に1年半を費やした肝壁なまでのこだわりの賜物です。

  – アミノ酸オルニチン含有量は食品の中でもトップクラス
  「静岡県産 しじみエキス」

  さらにしじみは必須アミノ酸の宝庫!
  身体で作ることが出来ないアミノ酸を存分に配合

  – 活力の源
  「岡山県産 牡蠣エキス」

  海のミルクと呼ばれるほど栄養豊富な牡蠣。
  その亜鉛の量は 魚介類の中でもNo.1の含有量です

  – サラサラの代名詞
  「千葉県産 スクワレン」

  深海性のアイザメの肝油に含まれるスクワレンは新陳代謝を高め、
  免疫力を高める効果も研究されています。

肝心要の健康習慣【レバリズム-L】の詳細はコチラ!
 

 

 

 

オルニチンが腎臓に良い理由とは

「オルニチンは肝臓に良い」として知られているアミノ酸成分ですが、

実は肝臓に良いだけではなく「腎臓にも良い」ということをご存知でしたか?

 

それではオルニチンが腎臓に良い理由や、肝臓にどの様に働きかけてくれるのかを解説させていただきますね。

 

腎臓のろ過機能をスムーズにする

通常ですと、食品やサプリメントなどから摂取したオルニチンは腸で吸収された後に
肝臓や腎臓へと運ばれて有害物質である「アンモニア」の解毒を促進させます。

しかし「肝機能の低下」「肝臓で解毒しきれない量のアンモニアが体内で発生」などという理由から
肝臓のキャパを越えてしまった場合、肝臓が行うべきであった解毒処理を肝臓に代わって腎臓が引き受けます。

これではただでさえ「様々な役割を担っている」とされている腎臓の負担を増やしてしまいかねません。

腎臓の最も大切な働きである、老廃物や余分な水分を体外へ排出する仕組みのことを「ろ過」といいますが、
実は腎臓の働きはろ過以外にも様々な働きがあります。

一部、その働きを紹介いたします。

  • ホルモンの産生、分泌
  • 体液量の調節
  • 血圧コントロール
  • ビタミンDの活性化
  • 脊髄で赤血球が作られる様に促す

 

これだけでも結構な仕事量ですよね!
しかし腎臓が行わなければならない仕事は上記以外にもまだまだたくさんあるんです。

そんな忙しい腎臓に、オルニチンが足りないことで解毒しきれなかったアンモニアの処理まで押しつけてしまっては、肝臓に負担をかけることになってしまいますよね。

 

そこでアンモニアの解毒促進効果の高いオルニチンを摂取して、有害物質を肝臓できちんと解毒できるように促してあげることで腎臓の仕事量を減らすことにつながり、結果的に腎臓の最も大切な役目である「ろ過」の働きもスムーズになりますよね。

 

要するに、オルニチンは肝機能を向上させることで腎臓の負担を軽減し、腎臓本来の働きを円滑に行えるように導くという効果が期待できるということなのです。

 

オルニチン摂取方法

オルニチンは解毒作用を促進させて腎臓にかかる負担を軽減させてくれる心強い味方です。

ぜひオルニチンを積極的に摂取して、肝臓・腎臓の機能を向上させるようにしていきましょう!

ここではオルニチンを多く含む代表的な食品を一部、紹介させて頂きます。

しじみ

しじみ100gに含まれているオルニチンは約20mgで、貝類の中では断トツNo.1です!

「飲んだ後はしじみの味噌汁」と昔からよくいわれてますよね。

しじみに含まれる豊富なオルニチンが肝機能を向上させて
二日酔いの原因となる物質の代謝を促進させてくれるからです。

わたしも、飲んだ後や翌朝には『しじみの味噌汁』をいただくようにしています。

 

しじみは貝類の中でも比較的「小ぶり」な貝であるため、
酒蒸しや炒め物ではなく「味噌汁」として利用するのが最適ですね。

 

キハダマグロ

キハダマグロに含まれるオルニチン量は100g あたり約2~7mgで、刺身10切れ程度の量です。

オルニチンは「熱に強く水に溶けやすい」という性質を持っているため、刺身で食べる他に焼く・蒸すといった
調理方法でもしっかりとオルニチンを摂取することができます。

 

チーズ

手頃で身近な食品であるチーズからもオルニチンを摂取することが可能なんですよ。

オルニチン含有量はチーズ100gあたり1~8mgで、スライスチーズ5枚相当です。

チーズに含まれるオルニチン量はその他の食品と比べて際立つほど多くはありません。

しかしチーズは色々な料理にアレンジしたり加えやすいところが大変魅力的なんですよ!

「グラタン」「サンドイッチ」「パスタ」など、チーズを上手く料理に組み合わせることで
1日のオルニチン摂取量をアップさせていくことが可能になって行きます。

 

オルニチンサプリメント

貝や野菜・魚や乳製品など、オルニチンを含む食材は案外たくさんあるのですが、残念ながら
「食品に含まれるオルニチン量は微量」というのが現実です。

1日の理想的なオルニチン摂取量を取り入れるにはサプリメントなどの補助が必要になってきます。

ここでは「おすすめオルニチンサプリメント」をご紹介いたしますね。

 

オルニチンを効率良く摂取するならやっぱり「サプリメント」を利用するのが賢い方法です!

オルニチン配合のサプリメントは様々な種類のものが発売されていますが、
中でもオススメなのが「レバリズムーL」というサプリメントです。

このサプリメントは冒頭でもお話しましたが・・・

静岡産のしじみエキス・岡山産の牡蠣エキス・千葉県産のスクワレンを使用し、
配合に1年半という年月を費やしたまさに「完璧」ともいえる自信作です。

 

しじみに含まれるオルニチンパワーで腎機能を徹底的にサポートするだけではなく、
海のミルクとも呼ばれている「牡蠣」は亜鉛の含有量が魚介類で断トツNo.1で様々な健康効果が期待できます。

また、深海性のアイザメ肝油に含まれているスクワレンは新陳代謝を高めて免疫力をUPさせます。

肝心要の健康習慣【レバリズム-L】の詳細はコチラ!

 

酒飲みの私が肝臓に不安をいだいて試したのがレバリズム-L!

・牡蠣エキスの亜鉛によって男性の元気回復!
・しじみエキスのオルニチンで肝臓改善!
・スクワレンで肝臓の機能向上!

とにかく購入してから飲酒に不安がなくなった酒飲み涙の一品です!

 


 

レバリズムーLの購入はコチラから!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA