松嶋菜々子主演ドラマ【誘拐法廷~セブンデイズ~】のキャスト・あらすじや見逃し配信はあるの?

誘拐法廷~セブンデイズ~

松嶋菜々子主演ドラマ【誘拐法廷~セブンデイズ~】のキャスト・あらすじや見逃し配信はあるの?

誘拐法廷~セブンデイズ~

<誘拐法廷~セブンデイズ~の見逃し動画をTSUTAYA TVで配信中>

【30日間無料お試し】TSUTAY TVはこちら!

 

TTV

 
 

 

 

松島菜々子がテレ朝ドラマに初出演&初主演!

韓国映画「セブンデイズ」のリメイクで弁護士役に挑戦します!

 

【誘拐法廷〜セブンデイズ】は、2007年公開の

キム・ユンジン主演韓国映画『セブンデイズ』のリメイク。

 

韓国で動員200万人超えを記録した大ヒット作です。

 

 

 

 

【誘拐法廷~セブンデイズ~】のあらすじ

 

敏腕弁護士・天吹芽依子(松嶋)は、警視庁の幹部で別居中の夫・相澤吾郎(杉本哲太)との離婚を決意。

9歳の娘・天吹真衣(高丸えみり)の親権だけは絶対に渡すまい、と心に誓う。

その矢先、芽依子が血相を変える事件が起こってしまう。

なんと真衣が何者かに誘拐されてしまったのだ! 

しかも、誘拐犯は真衣の命と引き換えに、芽依子にとんでもない要求を突きつける。

学生アーティスト殺人事件の被疑者で、無実を主張し続けている国光瑛二(柄本時生)を弁護し、無罪判決を勝ち取れというのだ。

だが、国光は限りなく有罪だと思われる人物。

しかも、裁判の結審まで残された時間は、たった7日間しかない。

どんなに優秀な芽依子でも、厳しい状況であることは明白だったが…。

誘拐法廷~セブンデイズ~

 

「あの子は誰にも渡さない」。

強い母性本能に突き動かされた芽依子は意を決し、立ち上がる。

芽依子はすぐさま国光を担当する国選弁護人・宇津井秀樹(丸山隆平)のもとへ。

担当を替わってほしいと直接交渉を試みるが、宇津井からは思わぬ提案を受ける。

なんと、一緒に国光の弁護をしよう、というのだ。

 

確かに宇津井の言う通り、弁護人の担当替え手続きをしていては、裁判に間に合わない。

しかも、宇津井は国光のことをよく知る人物でもあった。

背に腹は代えられない芽依子は、娘の誘拐事件については伏せた状態で、宇津井の申し出を受け入れることに。国光を無罪判決へと導く証拠をかき集めようと走り回る。

 

宇津井にたしなめられながらも、事件現場への無断侵入など、手段を選ばず突き進んでいく芽依子。

そんな中、ついに国光の裁判が始まった。

国光への厳罰を切望する被害者の母・高嶺文子(風吹ジュン)らが見守る中、改めて手配した鑑識結果をもとに「被害者と顔見知りの真犯人がほかに存在する」と主張する芽依子。

だが、ライバル検事・一ノ瀬誠(八嶋智人)の猛攻が続き、肝心の真犯人も誘拐犯も一向に絞れず、ますます精神的に追い詰められていく。

 

娘の命か? 正義か? 迫られる究極の選択…。

そして、7日後に下される衝撃の判決とは…。

(公式サイト引用)

 

 

 

【誘拐法廷~セブンデイズ~】のキャスト

 

 

 

 

松島菜々子(役:天吹芽依子)

 

コメント

私の役は、弁護士という職業にも関わらず、私情を挟まざるを得ない状況に追い込まれ、苦しめられます。

弁護士としての使命感や責任感。

子供を守りたい強い親の気持ちと、仕事をしながら娘を育てる母の心情、幾重にも重なる思いは難しい役どころだと思います。

娘を助け出すための七日間のタイムリミットが迫る緊迫感を私なりに演じたいと思います。

また、テレビ朝日でのドラマ主演は初めてなので楽しみです。

物語が進むにつれて意外な方向へと展開し、見終わった後には何か心に残る、考えさせられる作品になると思います。是非ご覧下さい。

(モデルプレス引用)

 

 

 

丸山隆平(関ジャニ∞)(役:宇津井秀樹)

 

コメント

台本がすっごく面白くて、あっという間に読み終わりました。

だからこそ、撮影では見落としがないよう作品とじっくりと向き合い、宇津井の役割をちゃんと自覚した上で、芽依子と足並みをそろえていかないといけないな、と思いました。

「僕が足を引っ張るわけにはいかない…」というプレッシャーもありましたけど、こういう負荷がかかるときはすごくいい役だったりするんです。

だから「僕も作品の歯車のひとつとして、自分なりの挑戦ができたらな」と、ワクワクもしました。

今回は弁護士役ということで、現職の弁護士さんにレクチャーを受けて、裁判も民事と刑事の両方を傍聴しました。

あと、台本から得たイメージをもとに、ヒゲを伸ばすことも提案させていただきました。

昔からの友達には「似合わない」と一刀両断されましたけど(笑)、『誘拐法廷』の現場では「ヒゲがない顔の方が、違和感がある」と言われますね。

僕自身も生やし始めたときは、自分の顔にちょっと戸惑いましたけど、今は「作品の一部として、役のために!」という強い気持ちで自分を保ってます(笑)。

松嶋さんとは初共演です。

経験豊富な女優さんですし、お会いする前は構えていたんですよ。

でも、撮影合間にご家庭のお話も伺って「お母さんなんだなぁ」と心が和らいで、ぐっと身近な存在に感じました。僕の日常の話にもすごく笑ってくださるし、“女優さん”ではなく“人”として接してくださるので、印象がだいぶ変わりましたね。

劇中のバディ感とはまた違う形で、いい共演ができてる感覚があります。

『誘拐法廷』はいろんな見方ができる“母の愛の物語”。

人それぞれの正義、愛や憎しみがいろんな角度から感じられて、最後まで心を揺さぶられる作品ですので、ぜひリアルタイムでご覧ください。

(モデルプレス引用)

 

杉本哲太/相澤吾郎

警視庁の幹部、芽依子(松嶋菜々子)と離婚協議中の夫。

娘が誘拐されたことも、芽依子が孤軍奮闘しているとも知らない。

https://twitter.com/ntv_pretty/status/1047490529888362496

 

 

八嶋智人/一ノ瀬誠

芽依子(松嶋菜々子)と戦う検事。

https://twitter.com/kensatsu_movie/status/1045147767444770816

 

 

 

風吹ジュン/高嶺文子

芽依子(松嶋菜々子)が誘拐犯にいわれて弁護する殺人事件の被害者の母。

 

 

飯豊まりえ、でんでん

芽依子(松嶋菜々子)と同じ法律事務所に務めており、協力する。

 

 

柄本時生/被告人

芽依子が弁護する殺人事件の被告人。

 

 

柾木玲弥、伊武雅刀

芽依子の調査を撹乱する。

 

 

 

誘拐法廷~セブンデイズ~

 

 

 

 

見逃し配信

<誘拐法廷~セブンデイズ~の見逃し動画をTSUTAYA TVで配信中>

【30日間無料お試し】TSUTAY TVはこちら!

 

TTV

 
 

 

 

まとめ

 

脚本は、「ROOKIES」「極悪がんぼ」「デスノート」のいずみ吉紘氏が担当。

ヒューマンドラマの脚本では大ベテラン。

松島菜々子さんをどうあやつり表現させていくのか楽しみですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA