テレ東ドラマ『ハラスメントゲーム』弁護士矢澤光太郎役の『古川雄輝』ってどんな人?

テレ東ドラマ『ハラスメントゲーム』弁護士矢澤光太郎役の『古川雄輝』ってどんな人?

2018年10月から放送のドラマ【ハラスメントゲーム】。

主演に唐沢寿明を迎え、実績ある脚本家・井上由美子のオリジナル脚本ドラマです。

 

この二人はかつては2003年に放送されたドラマ「白い巨塔」

というヒット作でも共演しており、

およそ15年ぶりの強力タッグが復活!

 

企業の“コンプライアンス”がテーマの人間ドラマ。

社内に起こる様々なハラスメント問題を、

奇抜なアイデアと手法で解決していく

主人公と仲間たちの活躍を、

1話完結シリーズとして描いています。

 

『コンプライアンス』って何?

簡単に言いますと【法令順守】という意味です。

 

企業が法令や規則を守って透明性の高い体質をとることです。

 

昨今、「パワハラ」・「セクハラ」・「モラハラ」など・・

様々なハラスメントが存在します。

 

ハラスメントゲームでは様々なハラスメントに対して

企業の顧問弁護士が解決していくドラマ・・・

 

そこで今回は弁護士・矢澤光太郎役の

古川雄輝さんについて深堀していこうと思います。

スポンサーリンク

 

 

ドラマ『ハラスメントゲーム』弁護士矢澤光太郎役の『古川雄輝』とは?

 

https://twitter.com/Biz_txdorama/status/1048515472449130497

 

プロフィール

名前:古川雄輝(ふるかわ ゆうき)

出身:東京都

性別: 男性

職業:俳優

生年月日:1987年12月18日

年齢:30歳(執筆時)

身長:180cm

血液型:A

趣味・特技:麻雀、ダンス、バスケットボール

学歴:慶応義塾大学理工学部卒

(ホリプロ公式サイトより引用)

 

医師である父の仕事の都合で7歳からカナダで8年間過ごし、

高校から単身でアメリカ・ニューヨークに移り住んで3年、

計11年間を海外で過ごしていたんですね!

 

芸能界デビューのきっかけは・・・

2010年、ホリプロ創業50周年記念事業の一環として開催された新人発掘オーディション「キャンパスター★H50withメンズノンノ」で審査員特別賞を受賞したことだそうです。

 

2013年、日英共同作品『家康と按針』で海外デビュー。

同年、主演ドラマ『イタズラなKiss〜Love in TOKYO』が

日本と同時に中国で配信され大ヒットを記録しました。

 

 

日中合作ドラマ『不可思議的夏天』にて主演を務めてましたね。

 

 

中国の配信会社「iQIYI」(アイチーイー)が主催するアワード「尖叫2015爱奇艺之夜」にて「アジア俳優賞」を日本人として初めて受賞されたんですよ。

 

2018年、クァク・ジェヨン監督作品、

日韓合作映画『風の色』にて主演!

中華圏では絶大な人気を誇ってます。

 

 

 

ドラマ『ハラスメントゲーム』に対する古川雄輝コメント

 

マルオーホールディングスの顧問弁護士で

B&T法律事務所所属の弁護士、

矢澤光太郎役を演じる古川雄輝さん。

 

弁護士という事で法令用語や専門用語など

難しい役どころでもありますが・・・

 

コチラが古川雄輝さんのコメントです。

 

弁護士の矢澤役を演じさせて頂きます。

 

近年問題になっている様々なハラスメントが題材のドラマへの出演ですが、これからの撮影を楽しみに台本を読んでいます。

弁護士の専門用語などの難しいセリフも淀みなく出来るよう、

これから役作りに集中したいと思います。

 

また初共演の唐沢さんとのお芝居もとても楽しみです。

共演者の皆様と楽しく、良いものを作れるよう頑張ります!

(http://www.tv-tokyo.co.jp/harassmentgame/引用)

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『ハラスメントゲーム』に出演する古川雄輝の評判は?

 

 

 

 

 

ドラマ『ハラスメントゲーム』1話あらすじ

業界大手の「マルオースーパー」練馬店に、1円玉がメロンパンに混入していたとのクレームが入る。

 

コンプライアンス室の高村真琴(広瀬アリス)曰く、売場主任・佐々部が昨夜、不審な電話を受けたといい、その内容から女性社員によるパワハラ絡みの犯行を疑う。

 

だが新店舗への影響を恐れた社長・丸尾(滝藤賢一)は警察に届けることを拒む。

 

そんな中、富山中央店店長・秋津(唐沢寿明)に突然本社への異動命令が下り…。

(http://www.tv-tokyo.co.jp/harassmentgame/引用)

 

 

 

ドラマ『ハラスメントゲーム』主題歌

 

主題歌は、コブクロが書き下ろした

渾身のバラード『風をみつめて』

2018年9月8日(土)に結成20周年を迎えました。

 

コブクロのお二人からメッセージです。

 

 

楽曲タイトルは「風をみつめて」。

 

11月7日(水)発売!

 

この楽曲は、コブクロの通算30枚目となるニューシングルで、

「ハラスメントゲーム」のために、

特別に書き下ろした渾身のバラードです。

 

『風をみつめて』の歌詞を書く際、

コブクロはドラマの台本を読み込み、

監督やプロデューサーと曲の

イメージやコンセプトを

何度も話し合ったと言います。

 

「明日が良い日であります様に」というシンプルな願いを温かなメロディーにのせて、優しく背中を押してくれるコブクロらしい楽曲が、ドラマを華やかに彩ります。

 

 

まとめ

海外でも非常に高い演技力の評価を受けている『古川雄輝』さん。

今回の『ハラスメントゲーム』での弁護士役での演技も期待してしまいますね!

 

実は『古川雄輝』さん、同じTV東京で秋の新ドラマシリーズ…

もう一作、出演するんですよ!

 

天 天和通りの快男児』

 

コチラの方も楽しみな作品です。

チェックの方・・・お忘れなく‼

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA