ドラマ『プリティが多すぎる』ヒロインの佐藤利緒役の女優は誰?【佐津川愛美を深堀調査!】

プリティが多すぎる

ドラマ『プリティが多すぎる』ヒロインの佐藤利緒役の女優は誰?【佐津川愛美を深堀調査!】

プリティが多すぎる

 

2018年10月から放送のドラマ【プリティが多すぎる】。

 

大崎梢の同名小説を原作にしたお仕事ドラマ。

主演は千葉雄大。

 

大手出版社で働く文芸編集部のエース・新見(千葉)が、原宿系ファッション誌「Pipin」に異動を命じられるところから始まります。

 

ある日、突然に編集長から原宿系ファッション雑誌「Pipin(ピピン)」への異動を命じられる。

 

「ワンチャン」「それな」「マジ卍」

新見を待ち受けていたのは難解な若者用語。

 

曲者揃いの女性スタッフ、

ド派手ファッションのわがままモデルたち。

新見はカワイイ至上主義の世界に翻弄されるも、

次第に「Pipin」を作り上げている

編集者やモデルたちのプロ意識に

触発されて成長していくストーリーです。

 

今回はその中でヒロインの

佐藤利緒役を演じる『佐津川愛美』さんについて深堀調査をしていきます!

 

 

ドラマ『プリティが多すぎる』佐藤利緒役の『佐津川愛美』とは?

 

 

佐津川愛美さんプロフィール

1988年8月20日生まれ、
静岡県静岡市のご出身、

身長152センチ、
血液型はO型、

スリーサイズは、
上から、80-58-85、

特技は、新体操、

兄弟は、お兄さんが2人、

出身高校は、
日出高等学校だそうです。

 

14歳の時にスカウトを受けて芸能界入りし、

2004年の高校入学と同時に上京。

芸能界には軽い気持ちで入ったようですね。

 

中学卒業後は、

芸能人が多く通うことで有名な、

日出高等学校に入学し、

学業と芸能活動を両立されています。

 

2004年、テレビドラマ「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2004」で女優デビューを果たします。

 

転機になったのは映画初出演となった2005年の『蝉しぐれ』。

 

ヒロインのふくの少女時代を演じ、第48回ブルーリボン賞助演女優賞にノミネートされる。

 

これは本人にとっても転機となった作品であり、

完成した映画を見てプロの仕事というものを感じ、

役者として真剣に芝居に向き合う覚悟をもったと話しております。

 

2007年、映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』では、

それまでの清楚なイメージを壊す

個性的でインパクトのある暗い少女を演じ、

第50回同賞の助演女優賞と新人賞の2部門にノミネートされました。

 

 

あまり顔と名前が一致しない女優さんですが、

調べて見ると作品出演は非常に多いです。

 

出演ドラマ映画

 

佐津川愛美さんの出演作を調べてみました。

 

映画

2005年「蝉しぐれ」
2006年「真夜中の少女たち『センチメンタルハイウェイ』」
2007年「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」
2008年「春色のスープ」
2009年「悪夢のエレベーター」

 

2010年「nude」
2011年「電人ザボーガー」
2012年「忍道-SHINOBIDO-」
2013年「空飛ぶ金魚と世界のひみつ」

 

 

2014年「キカイダー REBOOT」
2015年「グラスホッパー」
2016年「ヒメアノ〜ル」

 

映画「ヒメアノ~ル」では大胆な濡れ場に挑戦しています。

 

プリティが多すぎる

 

 

 


2016年「貞子vs伽椰子」
2017年「リベンジgirl」
2018年「生きる街」

 

テレビドラマでは、

2004年「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2004『ひとりぼっちの少女』」
2005年「がんばっていきまっしょい」
2006年「春 君に届く」
2007年「花嫁とパパ」
2008年「トリハダ4~夜ふかしのあなたにゾクッとする話を」第6話

プリティが多すぎる

 

2009年「誰かが嘘をついている」
2010年「トラブルマン」
2011年「王様の家」
2012年「最後から二番目の恋」
2013年「激流~私を憶えていますか?~」

 

 

2014年「女はそれを許さない」第6話
2015年「その男、意識高い系。」第2話-最終話
2016年「侠飯~おとこめし~」第7話
2017年「フリンジマン~愛人の作り方教えます~」第5話 – 第7話
2018年「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」第5話 – 第8話
2018年「ラブリラン」

 

 

10年ぶりの写真集も発売されるようです。

 

 

 

佐津川愛美さんは前田敦子さんに似てる?

 

ネットでもよく書き込みがありますが…

AKB48の前田敦子さんと佐津川愛美さんは

似ているといわれているってようですね!

 

プリティが多すぎる プリティが多すぎる

 

確かに似ている!!髪の毛の雰囲気もあるでしょうが似てますね。

 

 

ドラマ『プリティが多すぎる』に出演する佐津川愛美さんの評判

 

 

 

 

 

ドラマ『プリティが多すぎる』1話あらすじ

大手出版社で働く新見佳孝:通称・南吉(千葉雄大さん)は、

同期の近松(中尾明慶さん)も羨む文芸編集部のエース。

 

しかし、ある日突然、柏崎編集長(杉本哲太さん)から

原宿系ファッション雑誌「Pipin」への異動を命じられます。

プリティが多すぎる

 

不貞腐れて出社した新見を待ち受けていたのは、

勝気な利緒(佐津川愛美さん)をはじめ、

曲者揃いの女性スタッフ&ド派手ファッションのわがままモデルたち…。

 

「エリートの俺がなんでこんな仕事を!」一切関心の持てないカワイイ至上主義の世界に放り込まれた新見は、ミスを連発し同僚たちとも対立してしまいます。

しかい、編集者やモデル、

カメラマン、スタイリスト、

ショップ店員たちのプロ意識に触発され、

新見は次第に成長していくのです。

プリティが多すぎる

ファッション誌のキラキラの裏に隠された、

全力で「カワイイ」を作る人たちの熱血お仕事ドラマです。
(公式サイトより抜粋)

 

 

ドラマ『プリティーが多すぎる』の主題歌

 

主題歌のタイトルは、

COLOR

 

 

https://twitter.com/ntv_pretty/status/1041538640269066240

 

『プリティが多すぎる』の主題歌を歌っているのは、木村カエラさんです。

 

木村カエラさんは、1984年10月24日東京都足立区綾瀬出身。

本名:永山(元木村)カエラりえ。

2010年に俳優の瑛太さんと結婚しましたね。

 

 

まとめ

 

実はこの秋のどらまシリーズに佐津川さんはもう1作出演しているんですよ!

 

看護師役の鈴掛好美役で出演!

こちらのドラマもどのうような演技をするか注目ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA