ドラマ『プリティが多すぎる』中川心寧役の女優は誰?【武田玲奈?徹底深堀調査!】

プリティが多すぎる

スポンサーリンク

ドラマ『プリティが多すぎる』中川心寧役の女優は誰?【武田玲奈?徹底深堀調査!】

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

武田玲奈さん(@rena_takeda)がシェアした投稿

 

 

2018年10月から放送のドラマ【プリティが多すぎる】。

 

大崎梢の同名小説を原作にしたお仕事ドラマ。

主演は千葉雄大。

 

大手出版社で働く文芸編集部のエース・新見(千葉)が、原宿系ファッション誌「Pipin」に異動を命じられるところから始まります。

 

ある日、突然に編集長から原宿系ファッション雑誌「Pipin(ピピン)」への異動を命じられる。

 

「ワンチャン」「それな」「マジ卍」

新見を待ち受けていたのは難解な若者用語。

 

曲者揃いの女性スタッフ、

ド派手ファッションのわがままモデルたち。

新見はカワイイ至上主義の世界に翻弄されるも、

次第に「Pipin」を作り上げている

編集者やモデルたちのプロ意識に

触発されて成長していくストーリーです。

 

今回はその中で第4話から出演の

中川心寧役を演じる『武田玲奈』さんについて深堀調査をしていきます!

 

 

【関連記事】

『プリティが多すぎる』佐藤利緒役の女優は誰?【佐津川愛美?を深堀調査!】

・『プリティが多すぎる』森野留美役の女優は誰?【池端レイナ?を深堀調査!】

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『プリティが多すぎる』中川心寧役の『武田玲奈』とは?

https://twitter.com/ntv_pretty/status/1059820430469455873

 

武田玲奈さん プロフィール

名前 武田玲奈(たけだ れいな)

愛称 れなれな

生年月日 1997年7月27日

血液型 B型

身長 165cm

出身地 福島県いわき市

 

「第2のくみっきー!発掘オーディション」でグランプリを受賞が芸能界入りのきっかけ。

2014年2月、『Popteen』レギュラーモデルとして、デビュー!

 

現在もモデルとして活動しながら、

ドラマや映画、CMに出演中で今、注目の女優です。

 

『週刊ヤングジャンプ』にて初表紙、初水着で青年誌グラビアデビュー

2015年3月21日、実写版映画『暗殺教室』で女優デビューしました。

プリティが多すぎる

 

2015年10月には「監獄学園-プリズンスクール-」に出演しました。

この作品が連続テレビドラマ初レギュラー作品となります。

 

2016年4月1日、雑誌『Popteen』の専属モデル卒業を発表。

2016年4月20日発売の雑誌『non-no』

6月号でnon-noの専属モデルとなりました。

 

趣味は空手?

プリティが多すぎる


彼女を心身ともに育て上げた

『琉球少林流空手道月心会』とはいかなる流派なのでしょうか?

 

調べてみると空手の他に護身術や古武道、柔術、果ては中国拳法なども取り入れた全方位の武道のようです。

 

武田玲奈さと言えばこのCM!

クレディセゾンのCMで”頭突き割り”CMは衝撃的でしたね!

 

 

『プリティが多すぎる』出演に関してコメント

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

武田玲奈さん(@rena_takeda)がシェアした投稿

――「Pipinモデル」の心寧ちゃんは、どんなキャラクターですか?

心寧ちゃんはもともとオシャレが好きで、最初はインスタグラムでいろんなことをやっていたんですけど、スカウトされて。田舎から上京してきたという感じは自分と似ているかなと思いました。性格的には内気で自信がない女の子。そういう部分も私自身と重ね合わせながら演じていました。

――仕事で着ている服と自分が好きなファッションにギャップがあるという設定。

ドラマに初めて登場する4話の時は、まだかわいい系の服を着ています。心寧ちゃんの中で、あの服はかわいく見えないんだけど、みんながかわいいって言っているから着ている感じ。私と全く同じというわけではないんですけど、若干重なるところはあるかなと思っています。

――武田さんと違う部分はどこですか?

心寧ちゃんは、自分がどのジャンルが好きなのか分かってないんです。本当は、こういうのが好きなんだけど、自分の意見を抑えていて…。う~ん、抑えているのかな?(笑)たぶん、自信がないから自分の意見を言えないのかもしれません。私だったら、きっと割り切って着ちゃうような気がします。

――武田さん自身、洋服の好みは変わってきていますか?

ものすごく変わっています。小さい頃から洋服が好きで、最初は地元でかわいい服を買っていました。小学生の時はブリブリ系を着ていましたね。中学生になってもフリフリものが好きだったんですけど、モデルの椎名ひかりちゃんにハマってから、ちょっと変わったお洋服というか、尖ったようなタイプの服を好むようになりました。その後、一旦清楚っぽいタイプに戻って、上京してファッションについていろいろ勉強していくうちにモノトーン系の服が多くなってきました。

――心寧ちゃんのようなポップ系を着ることは?

あそこまでハジけたことはなかったです(笑)。でも、心寧ちゃんが着ている服の色使いに近いものを参考にしたことはあります。

――ファッションの勉強って、どんなことをするんですか?

ファッション誌を見たり、仕事などでモデルさんとお話する機会が多くなったので、気になることを聞いたり。スタイリストさんからも、自分が知らないブランドを教えてもらったり、展示会に連れて行ってもらったりしています。

――ドラマ全体の世界観については、どう思っていますか?

女の子の要素がたくさん詰まったドラマです。オール原宿ロケで、竹下通りの空きビルを借りて作った編集部のセットで撮影しました。ぜひ、若い子に見てほしい! きっと、今どきの子たちに刺さる作品なんじゃないかなと思います。

――原宿にはどんなイメージを持っていますか?

日本の“カワイイ”が集まっている場所。私も上京する前の子供だった頃、連れて行ってもらった記憶があります。

――撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

私は、千葉(雄大)さん、佐津川(愛美)さん、長井短さんとのシーンが多かったんですけど、とても楽しかったです。

――同じ事務所の黒羽麻璃央さんも、原宿のカリスマショップ店員役で出演されていますよね?

そうなんです。でも、残念ながら一緒のシーンがほとんどなくて。控え室で一度会っただけでした。あの外見、原宿に馴染んでいましたよ(笑)。新鮮で面白かったです。

――今回のドラマは「家売るオンナ」や「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」などのヒット作を手掛けてきた小田玲奈さんがプロデューサーを務めています。

小田さんは結構現場にいらっしゃって、毎回話し掛けてくださいました。とてもうれしかったですし、心強かったです。

――劇中で着ている心寧ちゃんのファッションで気に入っている点は?

最初の頃のかわいい衣装の時は、ウィッグを着けていたんです。前髪パッツンの。それが、自分的には新鮮で楽しかったです。物語後半の黒っぽい衣装は普通に好きなタイプの服。いろんな服を着ることができて良かったです。

――ドラマに出てくるファッション誌の編集者はみんなキャラが濃いですけど、実際もあんな感じなんですか?

皆さん個性豊かな人が多いです。基本的に内気な人はいない(笑)。現場では、ガンガン自分の意見を言っていますし、ハキハキしていますね。カメラマンさんともコミュニケーションが取れているので、すごく素敵な雑誌が出来上がるのかなと思っています。

――“ファッション誌あるある”的なものは?

撮影をしている時に、モニターを見ながら編集者の方たちが「かわいい、かわいい!」って、ずっと言っています(笑)。あれは、ファッション誌ならではだなと思います。皆さん、常にテンションが高いので現場はいつもにぎやか。活気がある中で撮影することが多いので、私の気分も上がります(笑)。

――今、武田さんが“プリティ”だなと思っているものはありますか?

プリティなものですか? う~ん、猫しか浮かばない(笑)。あ、かわいいアニメという意味では「ハッピーシュガーライフ」が結構プリティかも。ちょっとというか、半分ぐらいダークな部分があるんですけど、おすすめです!

――今回のドラマは日本だけではなく、中国大陸、韓国、台湾、カンボジア、香港、インドネシア、フィリピン、シンガポール、タイといった9つの国と地域で、同時期放送(1週間以内の同時期放送。配信も含む)。いろんなところで武田さんのプリティぶりが見られます。

私自身、今までやったことがないような役柄ですし、つけまつげをしたり、派手な洋服を着ているので、たくさんの女の子に見てほしいです。そして、海外の人たちには、日本のかわいい要素がいっぱい詰まったドラマを楽しんでいただけたらうれしいです。(ザテレビジョン引用)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

主な出演作品

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

武田玲奈さん(@rena_takeda)がシェアした投稿

 

映画

  • チキンズダイナマイト(2015年3月14日、ndjc2014)
  • 暗殺教室(2015年3月21日、東宝) – 不破優月 役
  • 罪の余白(2015年10月3日、ファントム・フィルム) – 木村千晶 役
  • ハロウィンナイトメア2(2015年10月24日、ユーロスペース) – 主演・七海 役
  • 暗殺教室〜卒業編〜(2016年3月25日、東宝)- 不破優月 役
  • のぞきめ(2016年4月2日、KADOKAWA/プレシディオ)- 宮澤奈美 役
  • オオカミ少女と黒王子(2016年5月28日、ワーナー・ブラザース映画)- 七瀬マユ 役
  • マイナビpresents TOKYO CITY GIRL -2016- 「LOCAL→TOKYO」(2016年12月3日、モンタージュ/スタンドイン・志真健太郎監督) – 主演
  • 咲-Saki-(2017年2月3日、ダブ/プレシディオ) – 池田華菜 役
  • 交際記念日(2017年5月1日) – 主演・沙耶 役 ※ 短編VR映画。西銘駿とダブル主演
  • LAST COP THE MOVIE(2017年5月3日、松竹) – 小山内美咲 役
  • ポエトリーエンジェル(2017年5月20日、アークエンタテインメント) – 主演・丸山杏 役 ※ 岡山天音とダブル主演 
  • パパのお弁当は世界一(2017年6月10日、ポニーキャニオン) – 主演・みどり 役 ※ 渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)とダブル主演
  • 人狼ゲーム インフェルノ(2018年4月7日、AMGエンタテインメント)- 主演・野々山紘美 役
  • 劇場版 仮面ライダーアマゾンズ Season1 覚醒(2018年) – 水澤美月 役 
  • 劇場版 仮面ライダーアマゾンズ Season2 輪廻(2018年)- 水澤美月 役 
  • 仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判(2018年5月19日、東映) – 水澤美月

 

テレビドラマ

  • 表参道高校合唱部! 第5話(2015年8月14日、TBS) – 篠崎彩花 役
  • 監獄学園-プリズンスクール-(2015年10月 – 12月、MBS) – 栗原千代 役
  • 傘をもたない蟻たちは(2016年1月9日 – 30日、フジテレビ)- 赤津舞(中学時代) 役
  • ラヴソング 第4話(2016年5月2日、フジテレビ) – 看護師 役
  • 好きな人がいること 第3話(2016年7月25日、フジテレビ)
  • THE LAST COP/ラストコップ(2016年10月 – 12月、日本テレビ) – 小山内美咲 役
  • 咲-Saki-(2016年12月5日 – 26日・2017年1月9日、MBS) – 池田華菜 役
  • 100万円の女たち(2017年4月14日 – 6月30日、テレビ東京) – 鈴村みどり 役
  • マジで航海してます。(2017年7月2日 – 30日、MBS) – 主演・石川燕 役 ※飯豊まりえとダブル主演
    • マジで航海してます。〜Second Season〜(2018年7月 – 、MBS / TBS)
  • 植木等とのぼせもん(2017年9月2日 – 、NHK) – 鎌田みよ子 役
  • 目玉焼きの黄身 いつつぶす?(2017年11月 – 、MBS / TBS「ドラマイズム」枠)
  • 人狼ゲーム ロストエデン(2018年1月 – 、tvk) – 主演・野々山紘美 役
  • 鳴門秘帖 第3話 – (2018年5月4日 – 、NHK) – お米 役
  • れたかも委員会 エピソード3「お米編」(2018年5月14日(13日深夜)、MBS / 5月16日(15日深夜)、TBS) – 川上ヒロミ 役
  • プリティが多すぎる(2018年10月18日、日本テレビ) – 中川心寧 役

 

まとめ

https://twitter.com/himuralight/status/1059935205572538369

演技力も認められ、モデルとしての表現力も著しく成長中の武田玲奈さん。

今後も更に映画やドラマ、

CMでの活躍が見られると思います。

これからも彼女の活躍に注目です。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA