ドラマ『トクサツガガガ』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌・見逃し配信まとめ!【小芝風花主演】

トクサツガガガ

スポンサーリンク

ドラマ『トクサツガガガ』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌・見逃し配信まとめ!【小芝風花主演】

 

トクサツガガガ

2019年1月期のNHKドラマ10では

ドラマ『トクサツガガガ』が、放送されます。

 

 

オタクと言えば、『電車男』が浮かびますが、

今回の『トクサツガガガ』は、女性のオタクが主人公です

 

主演には、朝ドラ『あさが来た』で

主人公・あさ(波瑠)の娘役を

好演した小芝風花さんが務めます!

 

オタク仲間には、

倉科カナさんや木南晴夏さんの

出演が決定しており、笑えるドラマとしても期待されています。

 

今回は『トクサツガガガ』の

キャストや登場人物の相関図、主題歌などの情報を

まとめてみましたので紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

『トクサツガガガ』のあらすじ

 

 

商社勤めのOL・仲村 叶(小芝風花)は特撮をこよなく愛する隠れオタク。

その仲村の母親(松下由樹)は、女の子らしさを好み、特撮のことを嫌っている。

それゆえ母はもちろん、職場の同僚たちにも特撮オタクであることは一切秘密だ。

そんな仲村は日々の生活の中でさまざまなピンチに陥る。

「ど、どうすれば…」。

すると、突然、仲村の脳内が特撮モードに切り替わり、彼女にしか見えない特撮ヒーローが現れ、彼らの言葉に勇気づけられた仲村は、次々にピンチを切り抜けていく。

 

そして、特撮好きな先輩・吉田さん(倉科カナ)や同僚・北代さん(木南晴夏)、小学生の男の子・ダミアン(寺田 心)、コワモテ・任侠さん(竹内まなぶ)など、新しい仲間と出会い友情を育み、特撮オタクOLとしてパワーアップしていく。

日常生活で直面する

「あるある!」な壁に

葛藤しつつも前向きに奮闘する

仲村の姿を描くコメディードラマ。

(https://www.nhk.or.jp/引用)

 

 

『トクサツガガガ』のキャスト

 

 

仲村叶:小芝風花

 

特撮が大好きなOL。

幼い頃から特撮に惜しみない愛情を注いでいる特撮オタク。

 

 

吉田久美:倉科カナ

 

仲村叶より年上の特撮オタク。

特撮オタクを卒業しようとしていた時、

電車で偶然出会った生粋の特撮オタク・仲村叶と知り合い、特撮オタクの道を再び突き進む事になった。

 

 

北代優子:木南晴夏

 

仲村叶の同僚。

途中入社で人を押し付けないオーラがある。

実はオタク。

 

 

ダミアン:寺田心

特撮好きの小学生。

親に勧められて毎日塾通いしている。

圧倒的なオーラが漂い、叶を圧倒する。

 

 

任侠さん:竹内まなぶ(カミナリ)

仲村叶がよく行くお菓子屋
「おかしのまつもと」の息子。

女子アニメオタク。

 

 

小野田隆:本田剛文(BOYS AND MEN)

 

叶の同僚。

仲村叶が特撮に染まっている事を知らないまま、仲村叶に淡い恋心を抱いている。

 

 

チャラ彦(川島直太朗):森永悠希

 

仲村叶と同じ会社に勤めている会社員。

チャラくて、おしゃべりが好きで、

軽い話し方なので、叶は心の中では「チャラ彦」と呼んでいる。

 

 

白濱幸:武田玲奈

仲村叶の後輩。

同期の白石マイと仲が良い。

女子力が高い先輩として叶を尊敬している。

イケメン俳優好き。

 

 

白石マイ:内山命(SKE48)

仲村叶の後輩。

リア充な現実主義者で、

プライベートの時間を大事にしている。

白濱幸とは2人で旅行に行くほど仲が良い。

 

 

仲村叶の母:松下由樹

女手一つで叶とその兄を育てた母親。

特撮嫌いで、叶にも女性らしく、可愛らしいものを強要する。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『トクサツガガガ』の放送開始は?

 

 

放送開始日:2019年1月18日(金)スタート

放送局:NHK総合

放送日時:毎週金曜夜10:00~10:44(連続7回)

 

 

 

相関図

トクサツガガガ

 

 

 

 

主題歌は?

 

主題歌決定!

ゴールデンボンバー 「ガガガガガガガ」
金爆初のドラマ書き下ろし主題歌!

 

鬼龍院翔さん(ゴールデンボンバー) コメント

この度は主題歌の御指名ありがとうございます!

ゴールデンボンバーのようなクセのあるグループを指名したと言うことは普通の無難な曲を求めていないだろうと思いまして、およそドラマ主題歌では通らなそうな変拍子をブチ込んだりしてみました!

やっぱり制作側の方々もブッ飛んだ人だったらしく気に入ってもらえたので今思うにこの光栄なお仕事を受けられたのはゴールデンボンバーかQueenくらいかなと思いました!トクサツガガガ、是非ご覧下さい(^-^)

 

主演・小芝風花さん コメント

ゴールデンボンバーさんが主題歌を担当されると聞いて、「どんな曲になるんだろう!」と、とてもワクワクしていました。

ゴールデンボンバーさんならではの雰囲気と、特撮っぽさ。そしてこの作品の特徴も捉えた、面白い楽曲で、聞いた瞬間から頭から離れず、口ずさみながら撮影しています。

ドラマの主題歌としてもそうですが、劇中に登場する特撮番組「ジュウショウワン」の主題歌としても使われていて、この物語にとても重要な曲になって いるので、ぜひそこにも注目してほしいです。

この曲を聴いて、この作品を見て、楽しい気持ちに、明るい気持ちになれる人が沢山いますように。

 

制作統括・吉永証 コメント

主題歌打合せの日。「どんな感じをイメージされていますか」と鬼龍院さんに聞かれ、「ゴールデンボンバーさんらしい曲で是非お願いします!」と言ったことを思い出します。

それから時がたち、送られてきたデモを聞いたとき、シビレマシタ。特撮への愛、隠さなければいけない切ない気持ち、そんなカオスに満ちた自分を肯定する覚悟、決意が伝わる曲でした。

多くの人を励ましてくれる素敵な曲を作っていただいて感謝しております。

(https://www.nhk.or.jp/引用)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA