「ドラマ相棒」第9話衆議院議員・敷島の息子・純次役の俳優は誰?【藤原季節?徹底深堀調査!】

ドラマ相棒

「ドラマ相棒」第9話衆議院議員・敷島の息子・純次役の俳優は誰?【藤原季節?徹底深堀調査!】

 

ドラマ相棒

水谷豊主演の人気刑事ドラマの第17弾。

杉下右京(水谷)の相棒として、
「season14」から登場した冠城亘(反町隆史)が異例の4年目を迎える。

 

さらに、前シーズンのラストで事件を引き起こしたサイバーセキュリティ対策本部の特別捜査官・青木年男(浅利陽介)が、“制裁”として特命係に左遷され、今回は3人の新体制に!

波乱含みの最新シーズン。

 

今回第9話で出演する

衆議院議員・敷島の息子・純次役の俳優は誰?

あれっ・・・

グッド・ドクターで見たことあったな⁉

 

気になったので今回は

衆議院議員・敷島の息子・純次役の俳優

を徹底調査してみました!

【関連記事】

・「ドラマ相棒」第8話助教授の川村里美役の女優は誰?

・「ドラマ相棒」第7話人事課長・杉原役の俳優は誰?

「ドラマ相棒」第6話連続殺人事件の被告の遠峰小夜子役の女優は誰?

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『相棒』敷島純次役の俳優は誰?

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

グッド・ドクターの7話に出演します!みんな観てね〜!!

藤原季節 KisetsuFujiwaraさん(@kisetsu_fujiwara)がシェアした投稿 –

 

藤原季節さん プロフィール

生年月日  1993年1月18日

出生地    北海道札幌市

身長    173 cm

職業    俳優

ジャンル  映画・テレビドラマ・舞台

活動期間  2014年 –

事務所   オフィス作

 

宮本武蔵に憧れ6歳から剣道(二段)を始め、

過去に多くの成績を残しているようです。

 

”知る人ぞ知る”的なイケメン実力派俳優で、

多くの作品に出演しています。

 

高校卒業後、東京の大学に進学すると言い上京。

 

本当の目的は俳優になると決意したからで、

事務所も住む場所も決まっていなかったと

後のインタビューで語っています。

小劇場の舞台に立つ毎日を送っていたそうです。

 

映画『ケンとカズ』(小路紘史監督)は

この当時作られた自主制作映画で、

後の2016年に東京国際映画祭日本映画

スプラッシュ部門作品賞を受賞するなど、

数々の賞を受賞するヒット作となりました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

『ママレード・ボーイ』 映画『ママレード・ボーイ』が4月27日から全国公開となります。 この映画は、高校生の男女ふたりの親がパートナーを交換するところから物語が始まります。つまり、女の子のママが相手の男の子のパパと、そして女の子のパパが男の子のママとパートナーをチェンジするわけです。それだけでもヤバいですよね。でもそれだけじゃありません。その四人の大人たちは、離婚することで子ども達が悲しまないようにある決定を下します。それが”全員で一緒に住む”というものです。 こうして一つ屋根の下で二つの家族が一緒に住むわけです。高校生の男女ふたりが急に一つ屋根の下、こりゃ何も起きねえわけがねえってんで、物語は加速していくわけですね、ええ。 ・・・ってぶっ飛びすぎだろ!!! しかもこの物語に隠された秘密がさらにぶっ飛びまくってる!!僕はもう初めてこの脚本読んだとき、友達呼んで見せたくなりましたよ!そのあまりのぶっ飛び具合に! しかもこの映画を撮るのは廣木隆一監督。僕が大好きな映画『ヴァイヴレータ』や『軽蔑』などの他に、少女漫画原作の大傑作『ストロボエッジ』を撮った監督です。この『ストロボエッジ』は本当に傑作だと思います。少女漫画が原作の作品を撮るのは本当に大変難しいことだと思いますが、この作品には初恋の思い出がちゃんと詰まっている気がします。桜、電車、制服、花火、浴衣、学校祭、なんでもいいのですが誰もが通過したあの四季の香り、それが画面に立ち込めています。それらを表現するのは本当に大変なことだと思います。誰にも気付かれずに洞窟の奥の奥でチカチカ光る宝石みたいに、初恋の思い出は今も胸のどこかで光を放ち続けます。廣木隆一監督はそんな光を捉える監督だと思います。もちろん『ヴァイヴレータ』にはヴァイヴレータ色の宝石、『軽蔑』には軽蔑の色の宝石があるわけですが、 『ママレード・ボーイ』この映画にもママレード色の宝石があるわけです。この映画を見終わってから何度か映画を思い出すとき、どこか日常から飛躍した感覚が蘇ります。そのぶっ飛んだ内容というせいもありますが、それよりもやっぱり、あのママレード色の家の中に住んでるあの家族たちの顔を思い出すとあれは不思議な2時間だったな〜とママレード色の宝石がチカチカって光を放つわけです。 この映画は是非、友達や家族誘って見に行ってみて欲しいです。そしてよかったら感想も聞かせてください。感想を読むのが今から楽しみです。 ちなみに僕はこの映画の中で、男の子のある秘密に関係する人間として登場します。ママレード色の宝石だって、内部には沢山の傷があって光っているのですから。その傷の一つとしてでも、宝石の中に存在することが出来ていましたら幸いです。今日の話を終わります。

藤原季節 KisetsuFujiwaraさん(@kisetsu_fujiwara)がシェアした投稿 –

 

2013年9月21日、オフィス作初の

ワークショップオーディションで

松田美由紀と出会い、

500名以上の中より選ばれ所属となる。

 

オフィス作には松田優作さんと美由紀さんの息子、

松田龍平さんと翔太さんが所属し、

以前は森山未來さんも在籍していました。

 

 

主な出演作品

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

新さんに背中を叩かれた瞬間にこれは決して夢じゃないんだと思いました。そう思うくらい手が熱かったです。自分はいまここに立ってるし生きてるし隣には白石監督と新さんがいるし満席のお客様と映画館で今を過ごしてる。過去じゃなくて今を。大きな希望をいただきました。また必ず東北に戻ってきたいです。映画を持っていきたいです。今日出会った皆様へ、本当にありがとうございました。劇場素晴らしかったです。お世話になりました。言葉に出来たかわからないけど、せっかく今の時代に生まれたのだから新さんのようにインスタやツイッタも頑張ります! p.s.高良健吾さんに会った僕は舞台挨拶を忘れ、ただのファンの小僧になってしまい反省してます。

藤原季節 KisetsuFujiwaraさん(@kisetsu_fujiwara)がシェアした投稿 –

 

映画

2014年

  • 人狼ゲーム ビーストサイド(熊坂出監督) – 平一也 役
  • 神さまの言うとおり (三池崇史監督)
  • 百円の恋(武正晴監督)
  • ACTOR(土屋哲彦監督)

2015年

  • 新宿スワン(園子温監督)
  • イニシエーション・ラブ (堤幸彦監督)

2016年

  • ライチ☆光クラブ(内藤瑛亮監督) – カネダ 役
  • ケンとカズ(小路紘史監督)
  • TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(宮藤官九郎監督)
  • 何者 (三浦大輔監督)
  • ジムノペディに乱れる (行定勲監督)

2017年

  • 沈黙 -サイレンス-(マーティン・スコセッシ監督)
  • 美しい星(吉田大八監督/5月27日公開) – 栗田岳斗 役
  • 関ヶ原(原田眞人監督/8月26日公開) – 武蔵 役
  • 全員死刑(小林勇貴監督/秋公開予定) – 吉田ショウジ 役
  • バケツと僕!(石田和彦監督/公開日調整中)
  • 探偵はBARにいる3 (吉田照幸監督)

2018年

  • ママレード・ボーイ(廣木隆一監督) – 三輪悟史 役
  • 純平、考え直せ(森岡利行監督)
  • 止められるか、俺たちを (白石和彌監督) – 荒井晴彦 役
  • 億男 (大友啓史監督)

テレビドラマ

2014年

  • ドラマ24 『玉川区役所 OF THE DEAD』(テレビ東京)-10話

2016年

  • 信長協奏曲 SP (CX)

2017年

  • 火曜ドラマ『カルテット』(TBS)2話・3話・4話・10話 – 墨田新太郎 役
  • CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 (関西テレビ)
  • 貴族探偵シリーズ ‐ 都倉忠仁

2018年

  • バカボンのパパよりバカなパパ – 杉本健一
  • グッド・ドクター(2018年) ‐ 馬渕健太郎

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA