ドラマ『グッドワイフ』出演・北村匠海さんの父親や彼女は?過去の出演ドラマ情報!

グッドワイフ

スポンサーリンク

ドラマ『グッドワイフ』出演・北村匠海さんの父親や彼女は?過去の出演ドラマ情報!

 

 

 

アメリカの超人気作品

『Goodwife』の日本版ドラマ『グッドワイフ』の放送が決定!

 

CBSで2009年9月22日から2016年5月8日まで放送された法律・政治ドラマ。

 

人気は海を渡り、韓国でチョン・ドヨン主演で、『グッド・ワイフ(굿 와이프)』という題名でリメイク化されています。

さらに2019年にはロシアでもリメイクが決定しています。

 

【グッド・ワイフ】の原作ドラマは、U-NEXTにて全話配信中!

 

常盤貴子さんの演技が

再び日曜劇場で見られるのは

2000年1月のTBS日曜劇場『ビューティフルライフ』での木村拓哉さんの共演以来ですね!

 

小泉孝太郎さん、吉田綱太郎さん、水原希子さん、賀来千香子さん、滝藤賢一さんなど、脇を固めるキャスティングも豪華俳優陣で、どんな演技をしてくれるか非常に楽しみですね。

 

【関連記事】

 

 

今回はドラマ『グッド・ワイフ』で

朝飛光太郎役を演じる北村匠海さん。

 

父親は北村一輝さん⁉

ネットで噂になってるので調べてみました!

 

スポンサーリンク

 

 

北村匠海さんプロフィール

 

別名義  TAKUMI

生年月日  1997年11月3日

出身地   東京都

身長   175 cm

血液型   B型

職業   俳優・歌手・モデル

ジャンル  テレビドラマ・映画

事務所   スターダストプロモーション

 

 

スターダストプロモーションの男性アーティスト集団EBiDANのメンバーであり、音楽ユニットDISH//のリーダーである。

DISH//では2016年までTAKUMI名義での活動.

 

小学3年生の時にスカウトされ、

スターダストプロモーションに所属。

 

2010年夏には俳優ユニットとして始動したEBiDANに所属

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

僕はサンマ!ったタイトル案通らなかったな〜 #DISH

北村匠海さん(@take_me_1103)がシェアした投稿 –

 

2018年、テレビ東京系ドラマ『鈴木先生』(2011年)で共演して以来、親交のある土屋太鳳とボーカルユニット「TAOTAK」を結成。

 

憧れの俳優は小栗旬。

『TAJOMARU』では小栗の役の少年時代を演じ、

小栗の監督作品『シュアリー・サムデイ』にも出演。

 

また、『信長協奏曲』では共演する機会もあった縁のある関係で、自然と目標になる俳優になったといいます。

 

 

北村匠海の父親は北村一輝?

 

父親ですが、一部では北村一輝さんではないか?

という話しが広まっているようですが…

名字が同じだけで根拠はないように感じますが!

 

北村一輝さんもイケメンですし、息子もいますが・・・

 

北村一輝さんの息子の名前は将清で、生年月日も1994年

匠海さんの父親ではありませんね。

 

 

北村匠海の彼女は?

 

北村匠海さんはLicaxxxさんと熱愛報道が出ました。

 

2人は夜中の3時頃に手つなぎで歩いていており、

その後タクシーに乗り込みLicaxxxさんの自宅に向かったようです。

 

次の日の12時頃、

Licaxxxさんが自宅を出ていき、

夕方4時頃に北村匠海さんも家を後にされたようです。

 

住野よるのベストセラー小説が原作で、2017年夏に映画化され、興行収入35.2億円の大ヒットを記録した「君の膵臓をたべたい」(通称「キミスイ」)に主演するなど、俳優としてブレイク中の北村匠海(20)が、年上の美人DJと交際していることがわかった。9月8日(土)に放送したインターネット番組「直撃! 週刊文春ライブ」が報じた。

北村は人気ダンスロックバンド「DISH//」のメインボーカルとギターを務める一方、俳優としてもテレビドラマ「信長協奏曲」(フジテレビ系)や「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系)、「仰げば尊し」(TBS系)など数々の話題作にも出演。キミスイではヒロインに惹かれる「僕」を演じ、第41回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。

そんな北村の気になる相手は、きゃりーぱみゅぱみゅ(25)や中田ヤスタカ(38)ら原宿系ポップカルチャーを世に送り出している芸能事務所「アソビシステム」に所属する人気DJ「Licaxxx」(リカックス・26)。慶應大学卒の才媛で、DJやライターとして活動するマルチアーティスト。J-WAVEの番組「SONAR MUSIC」にもレギュラー出演している。

(http://bunshun.jp/articles/-/8946引用)

 

文春の取材に対して、

北村匠海さんは

 

「Licaxxxさんとは友達です」

 

と交際を否定したようです。

 

 

Licaxxxさんプロフィール

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rikaさん(@rika303)がシェアした投稿

【名前】:Licaxxx

【読み方】:リカックス

【本名】:廣田利佳(ひろたりか)

【出身地】:東京都

【生年月日】:1991年12月24日

【星座】:山羊座

【学歴】:慶応義塾大学総合政策学部

【所属事務所】:ASOBISYSTEM

【職業】:DJ、ライター

 

 

 

 

 

主なドラマ・映画出演作品

 

テレビドラマ

  • 太陽と海の教室 第4話(2008年8月、フジテレビ) – 根岸洋貴(幼少期) 役
  • 女子大生会計士の事件簿 第9話(2008年12月3日、BS-i) – 柿本一麻(幼少期) 役
  • トミカヒーロー レスキューファイアー 第29話(2009年10月17日、テレビ東京) – コウタ 役
  • 外事警察(2009年11月、NHK) – 住本健司(少年時代) 役
  • 鈴木先生(2011年4月 – 6月、テレビ東京) – 出水正 役
  • Fallen Angel(2012年1月 – 3月、BS朝日) – 相葉海 役
  • 平清盛(2012年、NHK) – 近衛天皇 役
  • ピロートーク〜ベッドの思惑〜 第11話(2012年12月13日、関西テレビ) – MOTOKI 役
  • 相棒 season11 第14話(2013年2月6日、テレビ朝日) – 藍沢祐介 役
  • 信長協奏曲 第8話(2014年12月1日、フジテレビ) – 森勝蔵 役
  • 天使のナイフ(2015年2月 – 3月、WOWOW) – 沢村和也 役
  • ゆとりですがなにか 第3話 – 6、8、10話(2016年4月17日 – 6月19日、日本テレビ) – 小暮静磨 役
  • 仰げば尊し(2016年7月 – 9月、TBS) – 安保圭太 役 
  • 隣の家族は青く見える(2018年1月18日 – 3月22日、フジテレビ) – 青木朔 役
  • グッドワイフ(2019年1月 – 〈予定〉、TBS) – 朝飛光太郎 役

 

映画

  • DIVE!!(2008年) – 富士谷要一(幼少期) 役
  • ブタがいた教室(2008年) – 拓実 役
  • 重力ピエロ(2009年) – 奥野春(少年時代) 役
  • TAJOMARU(2009年) – 畠山直光(幼少期) 役
  • 沈まぬ太陽(2009年) – 恩地克己(子供時代) 役
  • シュアリー・サムデイ(2010年) – 喜志巧(幼少期) 役
  • 忍たま乱太郎(2011年) – 田村三木ヱ門 役
  • 空色物語「ニケとかたつむり」(2012年) – 第7回東宝シンデレラ主演作オムニバスムービー
  • 鈴木先生(2013年) – 出水正 役
  • 陽だまりの彼女(2013年) – 奥田浩介(中学生時代) 役
  • 信長協奏曲(2016年) – 森長可 役
  • セーラー服と機関銃 -卒業-(2016年3月5日) – 周平 役
  • あやしい彼女(2016年4月1日) – 瀬山翼 役
  • ディストラクション・ベイビーズ(2016年5月) – 健二 役
  • 君の膵臓をたべたい(2017年7月28日) – 主演・「僕」 役
  • 恋と嘘(2017年10月14日) – 司馬優翔 役
  • 勝手にふるえてろ(2017年12月23日) – イチ 役
  • OVER DRIVE(2018年6月1日) – 新海彰 役
  • 春待つ僕ら(2018年12月14日) – 浅倉永久 役
  • 十二人の死にたい子どもたち(2019年1月25日)- ノブオ 役
  • 君は月夜に光り輝く(2019年3月15日) – 主演・岡田卓也 役(永野芽郁とW主演)

 

 

 

『グッドワイフ』のあらすじ

 

16年ぶりに弁護士に復帰することになった蓮見杏子 (はすみきょうこ)。

杏子は出産を機に弁護士の仕事を辞め、専業主婦としてエリート検事である夫を支え、子どもを育て、家庭を守ってきた。

ところがある日、東京地検特捜部長である夫が汚職の容疑で逮捕される。

さらに女性スキャンダルまで明らかになり、“よき妻” として家族に尽くしてきた杏子の人生は一変する。

 

夫のスキャンダルの真相も明らかにならない中、子どもたちを守るために杏子は復職を決意。

そして司法修習生時代の同期・多田の助けで、多田が経営する法律事務所に仮採用され、16年ぶりに弁護士として復帰する。

しかしスキャンダルの渦中の妻として世間から向けられる好奇の目、さらに、弁護士としての16年のブランクははかり知れず、悪戦苦闘する日々。

それでも杏子は強い信念を持ち、“自分をあきらめずに”、自分の弱みも逆手にとって強く生き抜いていく中で、弁護士として、人として成長していく。

 

苦しむ杏子に手を差し伸べる、同期の弁護士・多田征大 (ただまさひろ) を演じるのは小泉孝太郎

多田は司法修習生時代に、密かに杏子に想いを寄せていた。

今回、夫に裏切られた杏子の姿を目の当たりにし、再び杏子への想いに火がつく。

 

 

 

また、杏子の夫に立ちはだかる最大の敵で、夫に代わり、東京地検特捜部長の席に座る脇坂博道 (わきさかひろみち) 役に吉田鋼太郎が決定。

杏子の夫のライバルとして、また検察内部での出世のために夫を尋問して汚職事件を暴く。

そして杏子の夫の部下だった特捜部員・佐々木達也 (ささきたつや) 役を滝藤賢一が演じる。

果たして、汚職事件の真相はどこにあるのか?事件を巡る攻防も大きな見どころとなる。

 

毎回、神山多田法律事務所に持ち込まれるやっかいな案件をチームで追い、真相に迫っていく様子もみどころの一つ。

そんな事務所のパラリーガル・円香みちる (まどかみちる) 役には水原希子

 

 

優秀なパラリーガルで、豊富な交友関係を駆使して重要な情報や証言を手に入れる、弁護士たちの右腕となっているミステリアスな女性。杏子に対して決して好意的ではなさそうで

また、新人弁護士・朝飛光太郎 (あさひこうたろう) 役には北村匠海が決定。上司にズバズバ意見するが、抑えるべきところは抑える愛されキャラ。

杏子と同じく仮採用だが、実は事務所の雇用枠はひとつ。その席を巡って杏子と競争することになる。

さらに神山多田法律事務所で多田と共同代表を務める神山佳恵 (かみやまよしえ) 役に賀来千香子

やり手の弁護士で、仕事に全てを捧げてきたため、16年ぶりに弁護士に復帰した杏子には厳しい態度を見せる。

表現の自由、過重労働、集団訴訟など、彼らが扱うのは 「いつ、誰が巻き込まれてもおかしくない」 事件。

どんな糸口を見つけて解決していくのか?

 

また今回、杏子の夫であり、次期検事総長としても期待されていた、元東京地検特捜部長・蓮見壮一郎 (はすみそういちろう) 役に唐沢寿明の出演が新たに決定した。

杏子の人生の歯車を大きく狂わせ、その後も杏子を翻弄していく。

ストーリーが進むにつれて、壮一郎はクロなのか、シロなのか 疑惑は深まっていく、その予測のつかないスリリングなストーリー展開もお楽しみください。

(http://www.tbs.co.jp/引用)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA