『グッドワイフ』2話曽野節子役の松本紀保さんの妹は松たか子?夫は?WIKI風プロフィール

グッドワイフ

スポンサーリンク

『グッドワイフ』2話曽野節子役の松本紀保さんの妹は松たか子?夫は?WIKI風プロフィール!

 

 

アメリカの超人気作品

『Goodwife』の日本版ドラマ『グッドワイフ』の放送が決定!

 

CBSで2009年9月22日から2016年5月8日まで放送された法律・政治ドラマ。

 

人気は海を渡り、韓国でチョン・ドヨン主演で、『グッド・ワイフ(굿 와이프)』という題名でリメイク化されています。

さらに2019年にはロシアでもリメイクが決定しています。

 

【グッド・ワイフ】の原作ドラマは、U-NEXTにて全話配信中!

 

常盤貴子さんの演技が

再び日曜劇場で見られるのは

2000年1月のTBS日曜劇場『ビューティフルライフ』での木村拓哉さんの共演以来ですね!

 

小泉孝太郎さん、吉田綱太郎さん、水原希子さん、賀来千香子さん、滝藤賢一さんなど、脇を固めるキャスティングも豪華俳優陣で、どんな演技をしてくれるか非常に楽しみですね。

 

【関連記事】

 

 

今回はドラマ『グッド・ワイフ』で第2話で

曽野節子役を演じる『松本紀保』さん。

 

妹は松たか子さん?

旦那も芸能人?

 

気になったので調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

 

松本紀保さんプロフィール

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

山本真由美 | Mayumi Yamamotoさん(@mayumi_yamamoto.official)がシェアした投稿

本名:川原 紀保子

・生年月日:1971年10月15日

・出身地:東京都

・血液型:B型

・身長:164cm

・体重:非公開

・活動内容:女優

・家族構成:夫(川原和久)妹(松たか子)

 

 

白百合学園中学校・高等学校を経て女子美術大学短期大学卒業。

 

日本舞踊松本流の名取で「松本幸紀」の名を持ちます。

 

二代目松本白鸚の長女で、

父の代表作『ラ・マンチャの男』の主人公であるドン・キホーテから命名された。

 

弟は十代目松本幸四郎、妹は松たか子、

義弟(妹の夫)はギタリスト、音楽プロデューサーの佐橋佳幸(2007年12月28日、妹・松たか子と結婚)

 

甥は市川染五郎。

 

松本さんは、お芝居を職業にしようとは思ってなかったようです

書道の師範資格をもっていたので、そちらの道に進もうと考えられていたそうです。

 

しかし、1995年、舞台「チェンジリング」の、オーディションを受け、合格したことが、きっかけになり、女優の道に進むことに。

 

 

 

妹は松たか子

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@matsu.takako_fanがシェアした投稿

本名 佐橋 隆子(さはし たかこ)

藤間 隆子(ふじま たかこ、旧姓)

別名義 松本 幸華(日本舞踊)

生年月日 1977年6月10日

出生地 日本 東京都

身長 165cm

血液型 A型

職業  女優、シンガーソングライター

ジャンル  舞台、映画、テレビドラマ

 

 

俳優一家に生まれた筋金入りの家族構成ですね。

 

松たか子さんは女優で歌手。

ドラマでは『ラブジェネレーション』『お見合い結婚』『HERO』など多くのドラマに出演されています。

 

最近では声優として『アナと雪の女王』にてエルサ役で出演しています。

 

 

 

松本紀保さんの夫は?

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

山中 崇史さん(@yamanaka_takac)がシェアした投稿

 

 

 

本名  :川原 和久(かわはら かずひさ)

生年月日:1961年12月26日

出身地 :福岡県北九州市

血液型 :O型

学歴  :日本大学藝術学部演劇学科

身長  :183cm

所属  :ネヴァーランド・アーツ

 

 

川原和久さんはテレビ朝日で放送されている

刑事ドラマ「相棒」での警視庁刑事部捜査一課7係巡査部長・伊丹憲一役で有名ですよね!

 

2009年3月に公開された

角精児さん主演映画「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」に

川原和久さんと市川染五郎さんが共演されたことがきっかけになり、川原和久さんは松本紀保さんと出会ったそうです

 

その後、順調に交際を続けられご結婚されたそうです。

 

スポンサーリンク

 

 

主な出演作品

テレビドラマ

  • 明日を抱きしめて(2000年、よみうりテレビ) – 田所加奈 役
  • 竜馬がゆく(2004年、テレビ東京) – 武市富子 役
  • それからの日々(2004年、テレビ朝日) – 花屋の店員 役
  • 信長の棺(2006年、テレビ朝日)
  • 金曜プレステージ
    • 「浅見光彦シリーズ42」(2011年) – 高橋久美子 役
    • 「浅見光彦シリーズ44」(2012年) – 須賀幹子 役
  • 警視庁捜査一課9係(2017年、テレビ朝日) ‐ 津村燎子 役

 

映画

  • 四月物語

 

 

 

『グッドワイフ』2話のあらすじ

 

事務所の名誉顧問であり神山佳恵(賀来千香子)の父、神山大輔(橋爪功)が事務所を尋ねてくる。大輔は、酒酔い運転を起こし、さらに警官に抵抗し公務執行妨害を起こした罪で起訴されたのだ。

大輔は無罪を主張するが、状況証拠からは、どうみてもクロ(有罪)。

その弁護を杏子(常盤貴子)は大輔から依頼される。多田(小泉孝太郎)は、新人には無理だと反対するが、杏子は自ら担当することを決意する。

しかし、大輔から、新人で自分の言うとおりになるから指名されたと聞かされて愕然とする杏子。

自由奔放な大輔に翻弄される。

しかも、神山から大輔が妻を殺したという衝撃の告白を聞かされる。

 

そんな中、特捜部長の脇坂(吉田鋼太郎)が杏子に接触してくる。

脇坂から聞かされる話から、壮一郎(唐沢寿明)の疑惑がますます深まっていく。

杏子は疑いを持ちながら壮一郎と接見して、壮一郎に核心の部分を問う。そこで衝撃の告白をされる。

杏子は壮一郎とのことも、そして担当する大輔の弁護でも窮地に立たされる。

 

絶体絶命な状況の中、杏子は大輔の事件での些細な異変に気づき…

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA