ドラマ『グッドワイフ』7話 石原さとみ似の愛唯役の女優は誰?安倍乙?【インスタ・画像・WIKI風プロフィール】

安倍乙

スポンサーリンク

 

 

ドラマ『グッドワイフ』7話 石原さとみ似の愛唯役の女優は誰?安倍乙?【インスタ・画像・WIKI風プロフィール】

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ForJoyTVさん(@forjoytv)がシェアした投稿

 

 

CBSで2009年9月22日から2016年5月8日まで放送された法律・政治ドラマ。

 

人気は海を渡り、韓国でチョン・ドヨン主演で、『グッド・ワイフ(굿 와이프)』という題名でリメイク化されています。

さらに2019年にはロシアでもリメイクが決定しています。

 

【グッド・ワイフ】の原作ドラマは、U-NEXTにて全話配信中!

 

 

常盤貴子さんの演技が

再び日曜劇場で見られるのは

2000年1月のTBS日曜劇場『ビューティフルライフ』での木村拓哉さんの共演以来ですね!

 

小泉孝太郎さん、吉田綱太郎さん、水原希子さん、賀来千香子さん、滝藤賢一さんなど、脇を固めるキャスティングも豪華俳優陣で、どんな演技をしてくれるか非常に楽しみですね。

 

【関連記事】

 

 

今回はドラマ『グッド・ワイフ』で第6話で

愛唯役で出演されている女優が

石原さとみ”さんに似てる⁉

 

調べてみると・・・

 

安倍 乙(安倍 おと)さん

 

 

この記事は、安倍乙さんについて

ご紹介させて頂きます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

安倍乙さんプロフィール

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

トリートメントしてもらったよ😆

安倍乙さん(@abeoto0118)がシェアした投稿 –

 

 

名前:安倍乙(あべおと)

生年月日:2000年1月23日

出身地:大阪府

星座:やぎ座

趣味:音楽を聴くこと

好きなタイプ:無言が苦でない人

職業:劇団員、女優、タレント

所属事務所:エイベックス・AY・ファクトリー合同会社

 

 

 

安倍さんは「劇団4ドル50セント」に所属しています。

 

秋元康さんがプロデュースした劇団。

 

 

 

実演経験がない5000人の中から

女性20人,男性8人の28人を

選ぶオーディションを経た人が選ばれた劇団です。

 

 

その中でNO.1美女では?

と、呼び声も高いそうです。

 

 

 

 

石原さとみに似ている?

 

 

安倍乙さん

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

毛先少しだけ切ったのとトリートメントしたよ

安倍乙さん(@abeoto0118)がシェアした投稿 –

 

石原さとみさん

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#石原さとみ #いしはらさとみ #ishiharasatomi

石原 さとみ-ishihara satomi-さん(@_ishihara_satomi_)がシェアした投稿 –

 

 

う~ん・・・

確かにこれは似てますね。

 

今より、少し前の石原さとみさんによく似てるような!

 

 

SNS上でも・・・

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

安倍乙さん公式SNS

 

インスタグラム @abeoto0118
Twitter @abe_oto0118

 

 

安倍さんの最新・更新情報は

Instagram・Twitterからチェックできます。

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

永遠なんて素っ気ないね。

安倍乙さん(@abeoto0118)がシェアした投稿 –

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ドアップ👀✨ 週プレのオフショットです📷

安倍乙さん(@abeoto0118)がシェアした投稿 –

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

安倍さん出演『グッドワイフ』7話あらすじ

 

 

 

杏子(常盤貴子)への多田(小泉孝太郎)の告白を聞いてしまった夫・壮一郎(唐沢寿明)は、怒りに満ちていた。しかし、多田の告白自体を知らない杏子は、壮一郎の弁護人として、事件の全容を聞くことになる。

1年前、特捜部長時代の壮一郎のもとに、大物政治家・南原(三遊亭円楽)の汚職のタレコミが入った。佐々木(滝藤賢一)と共に極秘捜査をし、匿名の情報提供者から汚職を証明する決定的な “ある文書” をもらう約束を取り付けたが、その直前に逮捕されてしまっていた。

南原の汚職を暴くためには、1年前の匿名の情報提供者を見つける必要があるのだが…。

 

一方、神山多田法律事務所には、カリスマ IT 社長・剣持(浜野謙太)から大きな案件が持ち込まれ、多田、杏子、朝飛(北村匠海)の3名で担当することに。

剣持は SNS を駆使し、自らが広告塔となり若くして成功を収めている人物。最近、彼がモデルと思われる主人公の映画が無断で公開されたうえ、剣持を誹謗したかのような内容だった。

自分のイメージも、さらには企業イメージまで下がったと憤慨し抗議するが、映画会社は一貫して剣持をモデルにしたことを否定。剣持は名誉毀損で映画会社を訴えることにしたのだ。

のらりくらりとかわす映画プロデューサー(田中要次)らを相手に杏子たちは裁判に臨むが、思うようにいかず窮地に追い込まれる。

 

そんなとき、杏子と打ち合わせで事務所に来ていた壮一郎と多田が鉢合わせる

(http://www.tbs.co.jp/引用)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA