NHK土曜ドラマ『みかづき』5話(最終回)ネット感想・評判!見逃し配信動画オススメ視聴方法!

みかづき

スポンサーリンク

NHK土曜ドラマ『みかづき』5話(最終回)とネット感想・評判!見逃し配信動画オススメ視聴方法!

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

青龍さん(@zeromagazine36)がシェアした投稿

 

「学校教育が太陽だとしたら、“塾”は月のような存在になると思うんです」

 

2017年本屋大賞第2位!

昭和から平成に至る塾と日本社会の変遷を背景に、
ある家族の50年の歴史を描く森絵都の同名原作を連続ドラマ化!

 

ドラマ『みかづき』が、

2019年1月期NHK土曜ドラマ枠で放送されます。

 

現在の「学習塾」の役割や在り方など、

深く切り込んだドラマになりそうです。

 

 

3話では・・・

受験戦争が過熱化時代へ

 

塾の競争は激しくなり、船橋の塾では4人の講師が引き抜きにあい大混乱に陥る千秋と吾郎

 

 

いよいよ最終回!

 

塾教育と歩んだそんな千明(永作博美)との

年月を吾郎(高橋一生)が綴った

「みかづき」

 

読み終えた一郎(工藤阿須加)は…

 

 

今回はドラマ『みかづき』の

第5話(最終回)あらすじと

ネット上での反応・感想

 

見逃し配信情報をまとめました!

 

 

【関連記事】

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

『みかづき』第5話(最終回)のあらすじ

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@lionne.onがシェアした投稿

 

 

千明(永作博美)は〝塾による学校経営〟という新たな夢を抱いていた。

だが次女・蘭(大政絢)の個人指導塾で不祥事が発生。

責任を感じて経営の一線から身を引く。

 

そして平成19年、家族に見守られて生涯を終えた。

 

塾教育と歩んだそんな千明との年月を吾郎(高橋一生)が綴った「みかづき」を読み終えた一郎(工藤阿須加)は、子供たちへのボランティア授業に共鳴してくれた阿里(岡本玲)に背中を押され、手応えを感じ始める。

(https://www.nhk.or.jp/引用)

 

 

 

 

『みかづき』5話ネット上評判・感想

 

朝ドラにしてもいいのでは!

5話では短すぎるが
最高のドラマ!

 

絶賛声が多数上がってきていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ドラマ『みかづき』の見逃し動画を無料で安全に見る方法は?

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Japan Dramaさん(@jdramalive)がシェアした投稿

 

 

安心・安全に視聴するならやはり『公式サイト』ですよね♪

 

違法アップロードされた動画を見ることでドラマの見逃しを無料で見ることは可能ですが、
当然これらは違法行為なので、動画はすぐに削除されてしまいます。

一昔前は、これらのサイトで検索すれば、ドラマを無料で視聴できていましたが、
近年は取り締まりが厳しくなり、無料でドラマを視聴しづらくなっているのが現状です。

 

知らないうちに違法行為で罰則!

なんてことは避けたいですよね・・・

 

PandoraTV・Dailymotion・9tsu・miomioなど無料アップロードサイトで視聴しようと思っている方もいるかもしれませんが、そんな必要はありません。

 

 

なぜなら確実かつ安全、そして無料でドラマを視聴する方法があるからです。

 

 

動画配信サービスU-NEXTは通常月額1,990円ですが、無料で1ヶ月間お試しすることができますので・・・

 

 

 

 

 

⇓U-NEXT31日無料トライアルを利用して【みかづき】視聴する⇓

 

 

【関連記事】

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA