『刑事ゼロ』8話 智佳(瀧本美織)の母で検事役の女優は誰?かとうかず子?【元夫は?インスタ・画像・ドラマ作品情報】

かとうかず子

スポンサーリンク

『刑事ゼロ』8話 智佳(瀧本美織)の母で検事役の女優は誰?かとうかず子?【元夫は?インスタ・画像・ドラマ作品情報】

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

来年1月10日スタート!お楽しみに😊✨ #テレビ朝日#ドラマ#刑事ゼロ#木曜夜8時#沢村一樹 さん#バディ

瀧本美織 Miori Takimotoさん(@mioritakimoto_official)がシェアした投稿 –

 

テレビ朝日系「木曜ミステリー」枠

2019年1発目のドラマは【刑事ゼロ】

 

主演は沢村一樹。

脚本は「相棒」「科捜研の女」などを手がけてきた戸田山雅司。

 

木曜ミステリーの人気シリーズ

『科捜研の女』『遺留捜査』に続く”京都×刑事”シリーズになるのか?

 

ベテランでありながら、20年間の記憶を失い、

刑事としての常識も捜査テクニックもノウハウも

何もかもが消えてしまった、“ゼロ状態”の男!

 

2019年新春、沢村一樹が、異端のヒーローを作り出す!

 

 

今回ドラマ『刑事ゼロ』第8話では

佐相智佳(瀧本美織)の両親が登場!

 

冷徹な検事として有名な

智佳(瀧本美織)の母で検事役の女優は…

 

かとうかず子さん!

 

あの・・・

そのまんま東

東国原英夫さんの元奥さんです!

 

今回は、かとうかず子さんにちてまとめてみました。

 

 

【関連記事】

 

スポンサーリンク

 

 

かとうかず子さんプロフィール

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

nobuko.miyazakiさん(@miyazaki_nobuko)がシェアした投稿

 

【名前】     かとう かず子(かとう かずこ)

【職業】     女優

【別名】     かとう かずこ

【本名】     加藤 和子(かとうかずこ)

【生年月日】   1958年2月20日

【出身地】    愛知県名古屋市

【身長】     168㎝

【血液型】    B型

【活動期間】   1979年~

【所属事務所】  enchante

 

 

愛知淑徳大学二年のとき、

友人に勧められつかこうへい構成・演出『サロメ』(東京西武劇場)のオーディションに応募し合格

 

役どころはその他大勢だった

 

一年大学を休学し芝居の勉強をするが一旦復学…

 

大学在学中につかこうへいの舞台『広島に原爆を落とす日』でデビュー。

 

1980年にはTBSで放送の

ポーラテレビ小説『マリーの桜』のヒロインに抜擢!

 

大学は結局5年通い中退しました。

 

 

『なんとなく、クリスタル』には主役で映画デビューし、初ヌードを披露

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jun Hayasakaさん(@sppperfectsmile)がシェアした投稿

 

 

現在も、テレビ番組中心に活動中です。

 

 

 

 

 

元夫は東国原英夫?

 

 

 

1990年にテレビドラマで共演した

当時たけし軍団のそのまんま東(東国原英夫)と結婚

 

1男1女をもうけました。

 

東国原が政治家を目指したことに反対して、

2006年2月3日に離婚。

 

この離婚について東国原さんは、

「私と宮崎、どっちが大事なの?」と妻に聞かれ、「宮崎!」と答えて離婚したと話している。

 

東国原英夫

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

佐賀新聞さん(@sagashimbun)がシェアした投稿

 

本 名:東国原 英夫(ひがしこくばる ひでお)


生年月日:昭和32年9月16日  

血液型:B型


出身地:宮崎県


身 長:171cm  

体 重:59kg

足のサイズ:25.5cm


趣 味:マラソン,大学


特 技:ハンドボール

 

 

 

かとうかず子さん最近の出演作品

 

映画

  • 恋する彼女、西へ。(2008年) – 近藤佐和子
  • 釣りバカ日誌20 ファイナル (2009年) – 鈴木恵
  • 津軽百年食堂(2011年) – 浅尾美音子
  • 君の笑顔に会いたくて(2017年)

 

テレビドラマ

  • 津軽百年食堂(2011年) – 浅尾美音子
  • 幸せのかたち〜離婚の危機を迎えたら〜(2011年) – 沢村和代
  • 薄桜記(2012年) – お菊
  • ママになりたい・・・(2013年)
  • 黒猫、ときどき花屋(2013年) – 佐伯幸子
  • あぽやん〜走る国際空港(2013年) – 円城寺ミサエ
  • ホワイト・ラボ〜警視庁特別科学捜査班〜(2014年) – 泉田美知恵
  • ペテロの葬列(2014年) – 北見容子
  • SAKURA〜事件を聞く女〜(2014年) – 松永文代
  • おそろし〜三島屋変調百物語(2014年) – お民
  • 君の笑顔に会いたくて(2017年)
  • 遺留捜査(2017年) – 坂口真代
  • 重要参考人探偵(2017年) ‐ 弥木主計
  • 僕とシッポと神楽坂(2018年) – 高円寺貴

 

CM・動画

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

インスタ・画像

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

床嶋佳子 Yoshiko Tokoshimaさん(@yoshiko.tokoshima)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

💙❤️💚💛💜さん(@1023_isabella)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】燻製のおはなし 仙川店さん(@kunhana_sengawa)がシェアした投稿

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

かとうさん出演『刑事ゼロ』8話あらすじ

 

精密ガラスメーカーを定年退職したばかりの元専務取締役・三宅鎮男(篠塚勝)が自宅で殺害され、元部下の金戸直実(小倉久寛)が逮捕された。

驚いたことに金戸は、時矢暦彦(沢村一樹)とバディを組む新人刑事・佐相智佳(瀧本美織)の実の父親だった…!

 捜査から外された智佳の代わりに、時矢は福知市郎(寺島進)と組んで調べを開始。金戸は事件当夜、7時に三宅の自宅に呼ばれていたが、直前になって近所のスポーツバーで待っていてくれとメールが届いたと主張。

ところが9時まで待っても三宅が現れなかったため自宅を訪ねたところ、すでに殺されていたと話す。

 

 金戸はスポーツバーで相席になった女性がいると打ち明けるが、事件の夜、バーは大混雑しており、店員は誰ひとり金戸や女性のことも覚えていなかった。

もし、金戸のアリバイを証明してくれる女性が見つからず、金戸が殺人罪で起訴されれば、その娘である智佳も刑事をやめなければならないだろう…。

時矢は智佳を救うために、正体不明の謎の美女探しに奔走する。

 

 そんな中、金戸は17年前、被害者の部下だった時代に機密流出に関与したとして会社から告発され、退職を余儀なくされた過去があると判明。そのため、智佳の母で京都地検の公判検事・貴和子(かとうかずこ)とも離婚し、妻子とは離れて暮らしてきたらしい。

貴和子は冷徹な検事として有名で、金戸の無実を信じる時矢に対しても、先入観を持って捜査をするな、とクールに言い放つ。

 

 その矢先、智佳のもとに、時矢の別れた妻で弁護士の奥畑記子(財前直見)が訪ねてくる。果たしてその目的とは…?送検までのタイムリミットが迫る中、はたして時矢は謎の美女を見つけて、金戸の無実を証明することができるのか…!? 

そして、智佳のピンチを救うことができるのか…!?

(https://www.tv-asahi.co.jp/引用)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA