ドラマ『ドラマ相棒season17』20話(最終回2時間SP)あらすじ・視聴者の反応・感想!見逃配信動画を無料で見る方法!

相棒17

スポンサーリンク

ドラマ『ドラマ相棒season17』20話(最終回2時間SP)あらすじ・視聴者の反応・感想!見逃配信動画を無料で見る方法!

 

 

ドラマ相棒

 

 

水谷豊主演の人気刑事ドラマの第17弾。

杉下右京(水谷)の相棒として、
「season14」から登場した冠城亘(反町隆史)が異例の4年目を迎える。

 

さらに、前シーズンのラストで事件を引き起こしたサイバーセキュリティ対策本部の特別捜査官・青木年男(浅利陽介)が、“制裁”として特命係に左遷され、今回は3人の新体制に!

波乱含みの最新シーズン。

 

 

前回は、女将・月本幸子

鈴木杏樹の相棒卒業もあり・・・

サプライズが最終回もあるのか?

 

 

今回は『相棒』の

最終回2時間スペシャル第20話のあらすじと

視聴者の反応・感想・評判

 

「放送を見逃しちゃったけど、なんとかして見れる方法はないの?」

 

 

そんなあなたのために、

安全にフル動画で無料視聴する方法を紹介しますね!

 

【関連記事】

 

 

スポンサーリンク

 

 

『相棒』20話(最終回)あらすじ

 

最終回2時間スペシャル 第20話「新世界より」

遺伝子工学の世界的権威である大学教授が殺害される事件が発生。准教授の八木橋(大浦龍宇一)によると、教授が取り組んでいたのは鳥インフルエンザに関する研究だったという。

その後、現場から有毒ガスの発生装箱と、『楽園の扉』という反科学主義を標榜する団体のバッチが発見される。『楽園の扉』の代表・阿藤修(小木茂光)は、かつてクローン技術研究所に爆発物を仕掛けた疑いで逮捕されたものの、証拠不十分で不起訴になった曰く付きの人物。

警察は、殺人への関与を疑い、阿藤を拘束するが、「天の仕業だ」と言って取り付く島がない。

いっぽう、右京(水谷豊)は、防犯カメラの映像に不審な若い男女が映っているのを発見。2人の名前を突き止めるが、それは世界滅亡を描いた『沈む天体』という小説の主人公の名前だった。

作者である鷺宮(中原丈雄)が何らかの事情を知っているのではないかと考えた右京は、亘(反町隆史)と共に、彼の元を訪ねる。すると鷺宮と阿藤が、かつて共同でIT企業を立ち上げていたことが分かる。

そんな中、防犯カメラに映っていた若い男女の行方が判明。小説と同じ、成瀬真一郎(渕野右登)水原美波(八木優希)を名乗る彼らから事情を聞くと、2人は記憶喪失で、事件とは関係ないと主張する。

しかし、「このままじゃ世界が滅びる」と、奇妙なことも口にしていた。さらに、殺された大学教授の研究室では、鳥インフルから致死率100%の新型ウイルスを作ることが可能で、その研究成果が『楽園の扉』に渡っている可能性が浮上してくる。

右京と亘は、『楽園の扉』を取材したことがある楓子(芦名星)の協力で、彼らの本拠地に乗り込むが…!?

 

男女が主張する滅亡のカウントダウン…
妄想か、未来予知か、それとも…!?

世界規模の危機に、特命係決死の捜査は通用するのか!?

(https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0019/引用)

 

 

 

 

『相棒』20話(最終回)視聴者の反応・感想・評判

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相関図

 

相棒

 

スポンサーリンク

 

 

 

『相棒』の見逃し動画を無料で安全に見る方法は?

 

放送終了から1週間以内であれば・・・

民放公式テレビポータル『Tver』

見逃し配信を視聴することができます。

 

『Tver』での見逃し動画はこちら

 

 

Tverをご利用の注意点

 

  • 最新話の放送から1週間以内しか視聴することができない点
  • 30秒から1分程度のコマーシャルが2~3回程度流れる点

この2つに注意して頂ければ、見逃した動画を無料で視聴することができます。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA