科捜研の女第5話 及川さくら役の中田喜子の年齢・夫は?

中田喜子

スポンサーリンク

科捜研の女第5話 及川さくら役の中田喜子の年齢・夫は?

 


出演元:https://www.toei.co.jp/tv/kasouken19/story/1214467_3007.html

 

「科捜研の女」は、2019年には放送開始から記念すべき20周年。

同年は、テレビ朝日の開局60周年。

春・夏・秋・冬の4クールに及ぶ1年間の放送となってます。

 

 

京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の

法医研究員・榊マリコを中心とした、研究員ちーむが、

専門技術を武器に事件の真相解明に挑むミステリードラマ。

 

 

今回第5話で及川さくら役で中田喜子さんが出演されます。

お美しい方ですよね!

 

年齢はいくつなんでしょう?

 

気になったので今回は

”中田喜子”さんについて

色々調査してみました♪

 

スポンサーリンク

 

 

 

中田喜子さん プロフィール

 

 

 

名前:中田喜子(なかた よしこ)

本名: 山崎 喜子(やまざき よしこ)

生年月日: 1953年11月22日(65歳)

出生地 :東京都中央区

血液型 :A型

身長:155㎝

足のサイズ:23㎝

ジャンル: 女優

活動期間 :1972年 –

著名な家族 :京かおる(姉)

事務所:ホリプロ

特技:日本舞踊

 

 

 

東京都中央区出身の中田喜子さん。

麹町学園女子高等学校卒業

日活撮影所の俳優養成所に入所しました。

 

芝居に興味を持っていたんですね。

 

女優のイメージが強い中田さんですが

実はドラマより1年早く

1971年にクラウンレコードから歌手デビューしてるんです。

 

1972年にテレビドラマ『お祭り銀次捕物帳』でドラマデビューを果たします。

 

『渡る世間は鬼ばかり』の三女・文子役は

足掛け20数年に渡って演じたキャラクターとして有名ですよね。

 

 

現在でも多くのドラマに出演中。

 

20代から始めたD.I.Y.がプロ級の腕前と評判。

毎年幕張メッセで3日間開催される「D.I.Yショー」にも、自分で作った作品を出品しているんですよ!

 

「元祖D.I.Yの女王」と呼ばれています。

 

昭和40年代に造られた古い団地の東京・高島平団地を、

団地の主婦3人とコラボして、自らのプロデュースによりリノベーションもしました。

 

D.I.Yのやり方の本も出版しています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

中田喜子さんの年齢は?

 

 

 

中田さんは現在65才(2019/05現在)

 

とても65才には見えないほど

美しくて可愛いですよね。

 

どこか品があるというか清楚感があるというか…

 

 

同じ1953年生まれの女優さんは

 

竹下景子さん

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ane会さん(@anekaijp)がシェアした投稿

 

 

仁科明子さん

 

 

 

みなさん綺麗ですね。

 

 

 

 

中田喜子さんの夫は?

 

 

 

中田さんは、1979年、25歳のときに、

CMの仕事で知り合った12歳年上の広告制作会社社長と結婚されました。

 

しかし2007年に離婚。

 

離婚の理由について中田さんは

「原因は彼の浮気。どうしても許せなかった」

「それまではそんなこと(浮気)なんてなかったのよ。いい関係だったんですけど。」

 

と語っていました。

 

お二人の間にお子さんはいなかったようです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

中田喜子さんの主な出演作品

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mu_chanさん(@muroi_tatu)がシェアした投稿

 

 

映画

  • 修羅雪姫(1973年) – 竹村小笛
  • 太陽は泣かない(1976年)
  • 泣きながら笑う日(1976年)
  • まってました転校生!(1985年)
  • 花いちもんめ(1985年) – 飯塚友子
  • 華の乱(1988年) – 山川登美子
  • ハラスのいた日々(1989年)
  • いちげんさん(2000年) – 中村百合子
  • ロストクライム -閃光-(2010年) – 滝口俊江
  • 風の色(2018年) – 川口かなえ

 

 

テレビドラマ

NHK

連続テレビ小説

  • おはようさん(1975年) – 殿村彩子
  • 春よ、来い(1995年) – 高倉春希

    大河ドラマ

    • 春日局(1989年) – 鷹司孝子
    • 八代将軍吉宗(1995年) – 右衛門佐
  • ドラマ10 / 聖女(2014年) – 千倉文江
  • キャロリング〜クリスマスの奇跡〜(2014年) – 西山英代

 

日本テレビ系

  • 八百八町夢日記(1991 – 1992年) – おつや
  • ゆとりですがなにか(2016年) – 坂間和代

 

 

TBS系

  • 明るいほうへ 明るいほうへ(2001年) – 上山ミチ
  • 松本清張ドラマスペシャル・波の塔 (2006年) – 田沢美子
  • 木曜ドラマ9 / あぽやん〜走る国際空港 (2013年) – オオマエミツヨ

 

フジテレビ系

  • 土曜プレミアム
    • 千の風になって ドラマスペシャル 第5弾(2008年) – 酒井桃子
    • 最後の絆 沖縄・引き裂かれた兄弟 〜鉄血勤皇隊と日系アメリカ兵の真相〜(2011年) – 山入端栄子
  • 金曜プレステージ
    • ホストの女房(2009年) – 藤崎多恵子
    • 外科医 鳩村周五郎 第11作(2013年) – 谷山邦子
    • 淋しい狩人(2013年) – 安達侑子
  • 霧に棲む悪魔(2011年、THK) – 蓮見依子

 

 

テレビ朝日系

  • 捜査地図の女(2012年) – 一条典子
  • 最強のふたり〜京都府警 特別捜査班〜(2015年) – 古川トシコ
  • 警視庁・捜査一課長(2017年) ‐ 村瀬香織
  • 日曜ワイド / おかしな刑事 第16作(2017年7月30日) – 栗原綾 役
  • ドクターX〜外科医・大門未知子〜(2017年) – 伊東不二子
  • 日曜プライム / 終着駅シリーズ 第33作「ガラスの密室」(2018年) ‐ 原江梨子
  • 科捜研の女 SEASON 19 第5話(2019年5月16日) – 及川さくら

 

テレビ東京系

  • 三匹のおっさん〜正義の味方、見参!!〜(2014年 ‐ ) – 清田芳江
  • 三匹のおっさん スペシャル〜正義の味方、史上最大、最後の戦い!…かも?〜(新春ドラマ特別企画)(2018年)

 

 

CM

 

 

 

 

 

 

中田さん出演「科捜研の女」5話あらすじ

 

焼けた廃倉庫の中から、全身が炭化した遺体が発見された。榊マリコ(沢口靖子)らの鑑定の結果、70歳過ぎの白人男性とわかる。犯人は被害者を薬で眠らせた上で、倉庫に火を放ったようだった。また、現場の近くで古いモノクロ写真が落ちているのが見つかった。そこには、日本人の青年2人とセーラー服の日本人少女が写っていた…。

 遺体の頭蓋骨をもとに、マリコは被害者の“復顔像”を作成。その画像を手に土門刑事(内藤剛志)らが聞き込みしたところ、殺された白人男性は事件当日、京都市内の土産物店で抹茶クッキーを購入。

その後、投資会社社長・平松恭一郎(寺田農)に面会を求めていたことがわかる。さらに、モノクロ写真の分析を進めた結果、写っていた青年のひとりが、京野菜農家の後藤了胤(大出俊)であることまでわかった。

後藤は1968年、自身の生家である寺の境内で何者かに刺されて重傷を負った過去があったが、犯人は見つからず事件は迷宮入りしたという。半世紀前の傷害事件は、今回の殺人に関係しているのだろうか…!? 

 謎が深まる中、土産物店には平松の妹・及川さくら(中田喜子)が勤めていた事実が浮上! 殺された白人男性と後藤、平松、さくらの関係は…!? そして、被害者が京都に来た目的とは…!? 

捜査が進むにつれ、半世紀前、若者だった彼らを翻弄した、とある事件が浮かび上がっていく…!

https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0005/引用

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA