ドラマ『ルパンの娘』8話あらすじ・Twitter上の感想・評判・反応

スポンサーリンク

ドラマ『ルパンの娘』8話あらすじ・Twitter上の感想・評判・反応・9話予告

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

\\#遠野なぎこ さん出演決定㊗️// #ルパンの娘 に遠野なぎこさんの出演が決定🥰 指名手配から逃げる華(#深田恭子)が 身を潜めることとなる場末のスナックのママ 薄井佐知さんを演じていただきました🥃✨ 華を助けた背景には一体何が⁉️ 佐知の過去を聞いた華は、彼女のために 危険を承知でLの一族の能力を解き放つ!?!? みなさまお楽しみに🥰🥰🥰 #ルパンの娘 💎 #第8話は8月29日夜10時〜 #深田恭子 #瀬戸康史 #小沢真珠 #栗原類 #どんぐり #藤岡弘、#加藤諒 #大貫勇輔 #信太昌之 #マルシア #麿赤兒 #渡部篤 ‪

【公式】木10ドラマ『ルパンの娘』さん(@lupin_no_musume)がシェアした投稿 –

 

 

2019年7月期の木曜劇場(毎週木曜22時~)は

『ルパンの娘』

 

深田恭子が主演!

ドロンジョ以来、10年ぶりに“泥棒役”を演じます。

 

原作は横関大による小説。

 

泥棒一家の娘・三雲華(みくもはな)と、

警察一家の息子・桜庭和馬(さくらばかずま)の許されない恋を描いたラブコメディ

 

 

 

 

この記事では、

ドラマ『ルパンの娘』

8話のザックリあらすじと

Twitter上での反応・感想・評判や

 

「放送を見逃しちゃったけど、なんとかして見れる方法はないの?」

 

そんなあなたのために

安全にフル動画で無料視聴する方法を紹介しますね!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

『ルパンの娘』8話あらすじ

 

 

 

 

三雲華(深田恭子)の家族が“Lの一族”だということが警察に知られてしまう。

指名手配された華たち家族は落ち合う場所を決めて逃げていた。

一方、華と交際していた桜庭和馬(瀬戸康史)は針のむしろ状態。典和(信太昌之)から“Lの一族”とは知らずに交際していたことを証明しろと言われてしまった。

警察の捜査をかいくぐり、華たちは集合場所へ。そこで、尊(渡部篤郎)は華、悦子(小沢真珠)、渉(栗原類)、マツ(どんぐり)にそれぞれ一万円と偽造免許証を渡し、新しい戸籍で生きるよう告げ、何十年先になるかわからないが必ず迎えに行くと三雲家の解散を宣言する。

一方、和馬や巻栄一(加藤諒)たち捜査三課は、三雲家が身を隠しそうな都内の宿泊施設をしらみつぶしに調べていた。華は漫画喫茶に隠れていたが、尊からもらったなけなしの金を奪われてしまい出て行くことになる。

華と入れ違いに、和馬が聞き込みに来たが二人が会うことはなかった。途方に暮れた華は、満足に食事も出来ずに街をさ迷ううちに倒れてしまった。

華は場末のスナックのソファで目を覚ます。声をかけたのは店のママ、薄井佐知(遠野なぎこ)。

華を救った佐知は食事を与え、事情も聞かずに店で働かないかと雇ってくれた。和馬はなぜ警察の上層部が執拗に“Lの一族”を追うのかを元警視総監の孫、橋元エミリ(岸井ゆきの)に尋ねるのだが…。

https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/story/index.html引用

 

 

 

 

『ルパンの娘』8話の感想・評判・反応

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相関図

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【関連記事】

和馬の見合い相手で出演【岸井ゆきのインスタ画像・ドラマ作品情報】

『ルパンの娘』1話あらすじ・感想・評判・反応

『ルパンの娘』2話あらすじ・感想・評判・反応

『ルパンの娘』3話あらすじ・感想・評判・反応

『ルパンの娘』4話あらすじ・感想・評判・反応

『ルパンの娘』5話あらすじ・感想・評判・反応

『ルパンの娘』6話あらすじ・感想・評判・反応

『ルパンの娘』7話あらすじ・感想・評判・反応

 

 

 

『ルパンの娘』9話予告

 

第9話は一週お休みして9月12日木曜22時〜15分拡大です。

 

 

三雲華(深田恭子)は、よりにもよって愛する桜庭和馬(瀬戸康史)に手錠をかけられ逮捕されてしまった。護送されるパトカーの中、華は和馬から贈られて来た愛に想いを馳せる。と、パトカーが人気のない場所に止まる。

そんな華に、運転席の警察官が声をかけた。和馬は無事に捜査一課への異動が決まる。だが、和馬はこの異動に疑問を持っていた。そこで和馬は橋元エミリ(岸井ゆきの)と会う。

そして、元警視総監のエミリの祖父に今回の人事の裏に何かあるか聞き出して欲しいと頼んだ。だが、エミリは祖父と話など出来ないと、和馬の依頼を断る。

エミリは、交際して欲しいと言う自分の願いへの和馬の答えを聞いて来た。和馬は、誰かを好きになる事は二度とないと告げる。

一年後、三雲家のタワーマンションに、尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)、渉(栗原類)、マツ(どんぐり)が戻って来る。相変わらず同じマンションの住人たちから高級食材を盗む泥棒三昧の家族たちだ。

一年経てば“Lの一族”など、世間は忘れてしまっていると尊たちは余裕を持っている。一方、一年前は華への想いから恋を諦めようとしていた和馬は、なんとエミリと婚約し、結婚式への準備を進めていた。

また、和馬は捜査一課で新たな事件捜査に乗り出す。キャバクラで働く女性が二人連続で、いずれも三人組の男たちに連れ去られるという事件だった。

捜査会議後、和馬は久しぶりに巻栄一(加藤諒)と会う。エミリと婚約したことに巻も驚いていた。

和馬は、なぜ自分がエミリに心を開くことになったのかを、巻に話し始める。

https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/story/index.html引用

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


ドラマランキング

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA