『刑事7人第5シリーズ』10話(最終回)あらすじ・SNS上の感想・評判・反応

スポンサーリンク

『刑事7人第5シリーズ』10話(最終回)あらすじ・SNS上の感想・評判・反応

 

 

 

東山紀之主演「刑事7人」

 

東山紀之演じる天樹 悠を中心に、

個性あふれる刑事たちが、

時代とともに複雑化していく超凶悪犯罪や難解な未解決事件に挑む!

 

前シーズンで東山が演じる天樹は「刑事資料係」に配属され、

あらゆる資料を読み込み、人間ビッグデータとなって捜査に当たったが、

今シーズンからは、「専従捜査班」が警視庁独自の組織として正式に発足し、

そこで捜査にあたることになった。天樹に加え、

海老沢芳樹(田辺誠一)、水田環(倉科カナ)、野々村拓海(白洲迅)、青山新(塚本高史)、片桐正敏(吉田鋼太郎)、そして法医学の権威・堂本俊太郎(北大路欣也)らが「専従捜査班」に加わります。

 

円熟味を増した人気ドラマのシーズン5が開幕!

 

 

この記事では、

ドラマ『刑事7人第5シリーズ』

10話(最終回)のザックリあらすじと

SNS上での反応・感想・評判や

 

「放送を見逃しちゃったけど、なんとかして見れる方法はないの?」

 

そんなあなたのために

安全にフル動画で無料視聴する方法を紹介しますね!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

『刑事7人第5シリーズ』10話(最終回)あらすじ

 

廃工場で腹部を刺された男の遺体が見つかり、専従捜査班の天樹悠(東山紀之)と海老沢芳樹(田辺誠一)が現場に急行する。先に着いていた青山新(塚本高史)は、被害者の岡崎誠(井上康)が数字の羅列が書かれた紙片を握りしめて事切れていたという。

さらに天樹は、岡崎のポケットから『外交官水田純平』と書かれた名刺を発見する。 捜査会議が始まる前、部屋に入ってきて上座に着いた幹部の姿に天樹らは衝撃を受ける。かつての仲間・沙村康介(髙嶋政宏)だったのだ! しかも管理官という立場で、この捜査の指揮を取るという。

さらに、あろうことか「この事件から専従捜査班を外す!」と宣言。片桐正敏(吉田鋼太郎)は反論するが、一蹴されてしまう。 

一方、会議で配られた資料を見て黙り込んだ水田環(倉科カナ)の様子が気になった天樹は、環を誘って飲みに行くことに。環は、資料に載っていた名刺が父・純平(河相我聞)のものであること、外交官の父が17年前に赴任先のインドネシアから帰国した日に転落死したこと、実家で見つけた写真に岡崎が写っていたことを告げる。 

専従捜査班の締め出しが続く中、岡崎の前職はコーディネーターで、インドネシアで会社を経営していたことがわかる。岡崎の死と17年前の純平の死には関連があると踏んだ専従捜査班が、純平について調べようとデータベースにアクセスすると、「特S案件」でアクセス不可…。 

また、純平の元上司で外務審議官の山口敏也(橋本じゅん)に聞き込みをした結果、外務省に「17年前の外交機密費に不正流用の疑いあり」という怪文書が届いたことも判明し、事態は混迷を極める。 ――特S案件、外交機密費の不正流用、専従捜査班の締め出し、そして大きな壁となって立ちはだかる沙村…。

この事件には、何か裏があるのではないかと考えた片桐は、沙村の圧力を無視し、捜査を続行すると宣言する。 そんな中、17年前、岡崎の口座に10億円もの大金が入金されていたことがわかり、純平が外交機密費を横領し、岡崎に流したのではないかという疑惑が生じる。 

万が一、純平が横領していたら環の警察人生は終わる…。

そうでないことを願いつつ、専従捜査班が奔走する中、天樹に魔の手が忍び寄り……!

https://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_05/story/0010/引用

 

 

スポンサーリンク

 

 

『刑事7人第5シリーズ』10話SNS上の感想・評判

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相関図

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


ドラマランキング

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

 

 

見逃し動画配信情報

 

 

 

放送終了から1週間以内であれば・・・

民放公式テレビポータル『Tver』

見逃し配信を視聴することができます。

 

『Tver』での見逃し動画はこちら

 

 

Tverをご利用の注意点

 

  • 最新話の放送から1週間以内しか視聴することができない点
  • 30秒から1分程度のコマーシャルが2~3回程度流れる点

この2つに注意して頂ければ、見逃した動画を無料で視聴することができます。

 

 

 

放送終了から1週間以上経過している無料動画視聴の場合

 

1週間以上経ってしまった場合は、

民放公式テレビポータル『Tver』での

1話の見逃し配信は視聴することができません。

 

そのようなときには、

動画配信サービスのの1ヶ月無料おためしを利用して、ドラマを視聴しましょう。

 

安心・安全に視聴するならやはり『公式サイト』ですよね♪

 

違法アップロードされた動画を見ることでドラマの見逃しを無料で見ることは可能ですが、
当然これらは違法行為なので、動画はすぐに削除されてしまいます。

一昔前は、これらのサイトで検索すれば、ドラマを無料で視聴できていましたが、
近年は取り締まりが厳しくなり、無料でドラマを視聴しづらくなっているのが現状です。

 

知らないうちに違法行為で罰則!

なんてことは避けたいですよね・・・

 

PandoraTV・Dailymotion・9tsu・miomioなど無料アップロードサイトで視聴しようと思っている方もいるかもしれませんが、そんな必要はありません。

 

 

なぜなら確実かつ安全、そして無料でドラマを視聴する方法があるからです。

 

 

動画配信サービスU-NEXTは通常月額1,990円ですが、無料で1ヶ月間お試しすることができますので・・・

 

 

[U-NEXTで視聴できる最新ドラマ】

  1. 『ハケン占い師アタル』(杉咲花主演):2019冬ドラマ
  2. 『刑事ゼロ』(沢村一樹主演):2019冬ドラマ
  3. 『トクサツガガガ』(小芝風花主演):2019冬ドラマ
  4. 『みかづき』(高橋一生&永作博美主演):2019冬ドラマ
  5. 『いだてん 東京オリムピック噺』(中村勘九郎&阿部サダヲ主演):2019大河ドラマ
  6. 『僕の初恋をキミに捧ぐ』(野村周平&桜井日奈子主演):2019冬ドラマ
  7. 『後妻業』(木村佳乃主演):2019冬ドラマ
  8. 『盤上のアルファ~約束の将棋~』(玉木宏主演):2019冬ドラマ
  9. 『私のおじさん』(岡田結実主演):2019冬ドラマ
  10. 『フルーツ宅配便』(濱田岳主演):2019冬ドラマ
  11. 『日本ボロ宿紀行』(深川麻衣主演):2019冬ドラマ
  12. 『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』(真木よう子主演):2019冬ドラマ
  13. 『ゆうべはお楽しみでしたね』(本田翼&岡山天音主演):2019冬ドラマ
  14. 『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』(石橋菜津美主演):2019冬ドラマ
  15. 『リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』(米倉涼子主演):2018秋ドラマ

 

 

 

 

 

 

 

 

⇓U-NEXT31日無料トライアルを利用して視聴する⇓

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA